肩書き

新刊書の広告に直木賞受賞者の作品とあった。PRなんだけど、ふっとつまらないことを考えてしまった。肩書きはどの様に本体に影響するのだろう。受賞作は確かに才能を感じさせ面白いと読むけれど、二作三作が素晴らしいと思った事が少ない。一度付いた受賞作の肩書きを出すしかないのかもしれない。でも肩書きで生きている人はどの世界にも居るし社会では当たり前ですね。要はそれに相応しくなれば良いのですね。

banner_20090417093348.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

彌叡

Author:彌叡
神の別魂を持つと言われて幾年。 神ながらの道を歩きつつ、思う事、感じる事を書いて行きます。
御相談はAdept・Mentor 島津相談室のHPの方からお願いします

関連ブログです。
Adept・Mentor 島津成晃の独り言
Adept・Mentor 島津成晃の独り言
霊能者と仲間達
だんな様は霊能力者
だんな様はメンター
島津成晃の見つけた良い物

Amazon
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード
twitter
adeptmentorをフォローしましょう