運、不運

急激に衰えを見せてきた病気療養中の方を蘇らせる法を行いました。突然に決めた行です。勿論成晃しか出来ません。丁度、伝授の日です。お弟子さんたちが刮目して見守る中、それは針の落ちる音さえ聞こえる静寂の中で行われました。見事に病み人は閻魔様の人名簿から除かれて蘇りました。この場に立ち会えた者は本当に幸運だと思いました。と共に、修行を学びながら、この生死を動かす厳しい祈りの場に立ち会えない人の運の無さに、憮然たる思いです。持って生まれた運なのか、自分の生き方の判断が不運を招くのか、勿体無い事です。時折見える不安な眼差しは、一生付いて回るかも。しかしこの度の行は、色々な意味で瞼が熱くなりました。

banner_20090417093348.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

彌叡

Author:彌叡
神の別魂を持つと言われて幾年。 神ながらの道を歩きつつ、思う事、感じる事を書いて行きます。
御相談はAdept・Mentor 島津相談室のHPの方からお願いします

関連ブログです。
Adept・Mentor 島津成晃の独り言
Adept・Mentor 島津成晃の独り言
霊能者と仲間達
だんな様は霊能力者
だんな様はメンター
島津成晃の見つけた良い物

Amazon
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード
twitter
adeptmentorをフォローしましょう