秋の風

賽の河原を夢に見ました。神仏を敬う日常なのに、未だ嘗て仏の夢さえ見たことがない。平らな石が広くあって私は座り、もう1人は片膝を立て、私の右手を握って静かに座っていました。少し先にきれいな川が流れていました。そのうちに握られている右手が段々冷たくなってきて、全身の熱が無くなったように感じたのかなー?ベッドがドンと叩かれたので目が覚めたけれど、真夜中、誰もいるはずもなく、しばらく茫然としてたのですが~。あの河辺に居たのは、明らかに、数十年前に亡くなった妹でした。寂しかったのかな、何か云いたいことがあるのかな、あちらの世界に私を連れて行きたかったのかな…。秋に逝った妹が秋のお彼岸近く、風に乗って会いにきたのかもしれません。誠にリアルな夢?の体験を致しました。もうお彼岸ですね。

banner_20090417093348.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

彌叡

Author:彌叡
神の別魂を持つと言われて幾年。 神ながらの道を歩きつつ、思う事、感じる事を書いて行きます。
御相談はAdept・Mentor 島津相談室のHPの方からお願いします

関連ブログです。
Adept・Mentor 島津成晃の独り言
Adept・Mentor 島津成晃の独り言
霊能者と仲間達
だんな様は霊能力者
だんな様はメンター
島津成晃の見つけた良い物

Amazon
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード
twitter
adeptmentorをフォローしましょう