私の友人はたいてい中高年か、高齢者、週一回の稽古日に色々話をするのですが、成るほどと思った独りの話があります。
お互いど忘れや独り言が日常になってますが、それを何度も指摘されると逆に腹が立ってくると言うのです。
何故指摘ばかりするのか?
あなたはボケていると、「烙印」でも押したいのかと不快になってくると言う話を聞いてみんなで頷きました。
みんな年をとるのです。
ちょっとの勘違いや忘れたことを呆けたように言われれば何度も重なるごとに相手に憎しみさえ感じると聞けば人への配慮が如何に大切かをしみじみ感じてしまう。
加えて自分は両親にそんな言葉を使わなかったかと遠い若い頃を些かの後悔も含めて思い出してしまいます。
私もシャンとして嫌みを言われないように気をつけねば。
最も我が家には無神経な人間は幸いにもいないけど。

banner_20090417093348.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

彌叡

Author:彌叡
神の別魂を持つと言われて幾年。 神ながらの道を歩きつつ、思う事、感じる事を書いて行きます。
御相談はAdept・Mentor 島津相談室のHPの方からお願いします

関連ブログです。
Adept・Mentor 島津成晃の独り言
Adept・Mentor 島津成晃の独り言
霊能者と仲間達
だんな様は霊能力者
だんな様はメンター
島津成晃の見つけた良い物

Amazon
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード
twitter
adeptmentorをフォローしましょう