歌からの発想

 武満徹氏の作曲は非常に難解で、音楽家泣かせと云われてましたが、先日から歌の教室で「小さな空ースモール・スカイ」と云う詞、曲とも武満徹氏作の曲を教わって、その優しさに驚きました。
自然なメロディーで、全然抵抗のない旋律は、歌っていて子供の頃を思い出します。
天才と云われる音楽家や画家や彫刻家は、一面だけではないのですね。

 私は16面位あって、それが全部独立していると言われます。
絶対に融合しない、つまり言い方を代えれば頑固な面を16面も持っていると云う事かもしれません。
どの面も私であると知って下さい。

 歌を教わる様になって一つの利点、お腹の肉が少し締まって来た事、腹式呼吸、背筋が大切と云う教えのせいかもしれません。
それと、咽喉から声を出してはいけないと云うのも発見でした。
それぞれの道、非常に興味があります。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

彌叡

Author:彌叡
神の別魂を持つと言われて幾年。 神ながらの道を歩きつつ、思う事、感じる事を書いて行きます。
御相談はAdept・Mentor 島津相談室のHPの方からお願いします

関連ブログです。
Adept・Mentor 島津成晃の独り言
Adept・Mentor 島津成晃の独り言
霊能者と仲間達
だんな様は霊能力者
だんな様はメンター
島津成晃の見つけた良い物

Amazon
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード
twitter
adeptmentorをフォローしましょう