年老いた者の寂しさ

 夫の喪中に孫が結婚すると、複雑な思いを述べる人がおりました。
家族なら、普通喪が明けてからの挙式と云うのが常識でしょうが、会場の予約やら、仕事の都合等が絡むと仕方のない自体もあり得る事だと思いますが、祖母の立場からすると、何となくスッキリしないのでしょうね。

 愚痴の最後に、「老人が何を言ってもね」と寂しそうな声に胸が詰りました。
幸いな事に私の言葉はいつも息子夫婦がきちんと受け止めてくれますが、こう云う我慢を毎日多かれ少なかれ味わっている人が多いのでしょうね。
若い人もいつか年をとります。
少しだけ、深い思い遣りが欲しいと思います。

banner_20090417093348.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

彌叡

Author:彌叡
神の別魂を持つと言われて幾年。 神ながらの道を歩きつつ、思う事、感じる事を書いて行きます。
御相談はAdept・Mentor 島津相談室のHPの方からお願いします

関連ブログです。
Adept・Mentor 島津成晃の独り言
Adept・Mentor 島津成晃の独り言
霊能者と仲間達
だんな様は霊能力者
だんな様はメンター
島津成晃の見つけた良い物

Amazon
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード
twitter
adeptmentorをフォローしましょう