震災への思い

 毎日の様に余震があって落ち着きません。
新聞で、被災なさった死亡者の中に10年程お付き合いのあった友人御一家の名前を見つけてしまい、悲しい想いが再び増してしまいました。
人間それぞれ様々な人世、一生だと云う事は十分承知ですが、その終り方に何故、と云う気持ちが湧いて来ます。
誰でも、畳の上で終りたいのに。
この度の大津波は天災とは云え、人間に何を突きつけたのか、言葉もありません。
普通なら生き方云々、因縁云々とか云うでしょうが、今回は学者達の訳知り顔にも腹が立つ程、悲しく怒りを覚えますね。
合掌するのみです。

banner_20090417093348.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

彌叡

Author:彌叡
神の別魂を持つと言われて幾年。 神ながらの道を歩きつつ、思う事、感じる事を書いて行きます。
御相談はAdept・Mentor 島津相談室のHPの方からお願いします

関連ブログです。
Adept・Mentor 島津成晃の独り言
Adept・Mentor 島津成晃の独り言
霊能者と仲間達
だんな様は霊能力者
だんな様はメンター
島津成晃の見つけた良い物

Amazon
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード
twitter
adeptmentorをフォローしましょう