初釈迦の縁日

 本年初めての御釈迦様の日です。
少し前の時間に祭壇に座りました。
祀っている仏舎利は、10年程前、千年以上守って来られた名家の主が癌死する際にお預かりしたものです。
何とも曰く言い難い尊い御舎利は、大切にお護りしておりますが、重い重い存在です。
時々前に座って独り見詰めていますと、思い掛けない言葉が突然浮んだりします。
今日は、自分に迷って座りました。

 私が日常発言する言葉は、他人に言わせると一刀両断の様な厳しさがあるのだろそうです。
本人は何の想いもなく、見たものに対する率直な感じを述べているだけですから、誰に諂う訳でもなく、社交辞令もありません。
でも、それでもし傷つく人がいたりしたら、私の本意ではないので、少し修飾した方が良いのかと思ったりしますが、それも私が私でなくなると考えます。
本当に明るい穏やかな人と言って下さる方もあり、包容力の深い人と言う人もあり、厳しいと言う人もあり、不思議な人間との評もあり、その全てが私なんでしょうね。

 ただ、ずっと自分で感じているは、私は人の心を包む為にいると云う事と、見過ごせないものを見るとストレートに口に出してでも改めて欲しいといつも思っていると云う事です。

banner_20090417093348.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

彌叡

Author:彌叡
神の別魂を持つと言われて幾年。 神ながらの道を歩きつつ、思う事、感じる事を書いて行きます。
御相談はAdept・Mentor 島津相談室のHPの方からお願いします

関連ブログです。
Adept・Mentor 島津成晃の独り言
Adept・Mentor 島津成晃の独り言
霊能者と仲間達
だんな様は霊能力者
だんな様はメンター
島津成晃の見つけた良い物

Amazon
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード
twitter
adeptmentorをフォローしましょう