ヨハン・シュトラウスのワルツ

 昔はシューマンの様な余り軽くない曲が好きな時代もありましたが、最近ではやはりショパンやチャイコフスキーの曲を聞いていると落ち着く様になりました。
年代なのですね。
ヨハン・シュトラウスのワルツを聞くと、つい踊りたくなってワン・ツー・スリーと足を動かしてみますが、ハイヒールを履いて踊るのはもう無理だろうと、些か口惜しいです。
何の事はない、ずっと運動不足だったと云う事なんでしょうね。
遺されている夫のエナメルの靴は、何十年も前のパーティーを思い出します。
そんな頃もあったんですよ。

 でも、ゆっくりとワルツを踊ってみようかしら。
それも一人で。
どうもパートナーと踊るのは、昔から苦手なのです。

banner_20090417093348.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

彌叡

Author:彌叡
神の別魂を持つと言われて幾年。 神ながらの道を歩きつつ、思う事、感じる事を書いて行きます。
御相談はAdept・Mentor 島津相談室のHPの方からお願いします

関連ブログです。
Adept・Mentor 島津成晃の独り言
Adept・Mentor 島津成晃の独り言
霊能者と仲間達
だんな様は霊能力者
だんな様はメンター
島津成晃の見つけた良い物

Amazon
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード
twitter
adeptmentorをフォローしましょう