珈琲の本当の味

 朝起きてすぐから、夜臥む迄、マグカップで何杯かの珈琲を飲みます。
以前はドリップで丁寧に淹れて、香り共々楽しんだものですが、最近はコーヒーメーカーに紙の濾紙、多分香りも味も随分異うと思います。
何となくそんな生活で反省してますが、日本茶はそうはいきませんね。
お湯の温度や茶葉の量、種類で非常に微妙に味も変ります。
お抹茶は釜の煮えた湯を注ぎ、悪く云えば誤魔化し、良く云えばその後の茶筅捌きで美味しいお茶が戴けますが、玉露や煎茶はよくよく神経を使わないと、どんな良いお茶でも、香りも味もがっかりしてしまいます。
それに、落ち着いてゆっくり急須と向き合う事ですね。

 誰もいない夜、思い立って一寸良い煎茶をゆっくり淹れてみました。
大腿がせっかちな私なのですが、我慢我慢と自分に言い聞かせながら、ゆっくり湯ざましを使って、程良い色合いになった所で茶碗に注いで戴いてみました。
美味しくて、甘くて、このお茶はこんな良いお茶だったと錯覚する程、良く入りました。

 この所、生来の気短さが表面に出過ぎている様で、反省していたのですけれど、全てにもう少し心を深くしなければいけませんね!!
健康だから動けるのも確かですけれど、一つずつ確かめながら美しく動ける様、原点に戻らねばと、何とお茶の一滴が思わせてくれました。
珈琲も、出来るだけドリップでゆっくりと淹れてみましょう。
折角、焙煎して戴いた豆なのですから。

banner_20090417093348.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

彌叡

Author:彌叡
神の別魂を持つと言われて幾年。 神ながらの道を歩きつつ、思う事、感じる事を書いて行きます。
御相談はAdept・Mentor 島津相談室のHPの方からお願いします

関連ブログです。
Adept・Mentor 島津成晃の独り言
Adept・Mentor 島津成晃の独り言
霊能者と仲間達
だんな様は霊能力者
だんな様はメンター
島津成晃の見つけた良い物

Amazon
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード
twitter
adeptmentorをフォローしましょう