一日の朝

 三月一日の朝は、長時間神前に座りました。
禊祓い、天地之太祝詞を奉上し、「アジマリカム」100回唱えました。
いつもの一日とは何か違う気がしました。
終わって両手を合わせ、黙って座っている耳許で鈴が鳴った様な気が致しました。
聞いた記憶のない、静かで綺麗な音がしました。
これから新しい日々が始まるかも。

 自分を潔めるつもりで供えたお酒を一滴嘗めてみました。
その辛さで何か楽になりました。
自分が沢山の年を重ねた事を、私は普段忘れているのですね。
全然意識がなくて、どんな年代の人とも話が出来るし、弱っている人を見るとつい手を伸ばし、お手助けしたくなってしまい、フッと気がついて、あぁ、私の方が年上なのだと苦笑してしまいます。

 でも、10年毎に身体の状態が変わって行くのは実感しております。
突然その変化が来ますから、そのつもりでいなくちゃいけないなと思ってます。

 今年は明るい光を皆様にお与え下さい。
今日は特別の一日でした。

Adept・Mentor 島津相談室
バナー
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

彌叡

Author:彌叡
神の別魂を持つと言われて幾年。 神ながらの道を歩きつつ、思う事、感じる事を書いて行きます。
御相談はAdept・Mentor 島津相談室のHPの方からお願いします

関連ブログです。
Adept・Mentor 島津成晃の独り言
Adept・Mentor 島津成晃の独り言
霊能者と仲間達
だんな様は霊能力者
だんな様はメンター
島津成晃の見つけた良い物

Amazon
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード
twitter
adeptmentorをフォローしましょう