新年の心

 年末からお正月、雪国の方には申し訳ない程の好天気で新年を迎えました。
除夜の鐘と同時に新年の初詣をする習慣はもう30年以上になりますが、一生続けたいと思います。
古い年の諸々がここで区切られて、新しく前に進むけじめが胸に湧いて参ります。
亡夫が京都の聖護院に参ったのが最初でした。
僧侶だけで黙々と行を為す質素な本当に「心」だけが感じられる、厳かな空気でした。
それを息子の成晃が受け継いで、もう20数年経ちました。
いつもお会いしている若い人達と、改まった姿勢で新年を迎える、誓いを立てる、この行事は品格の高い潔いものでなければなりません。
若い人の真剣な目を、毎年頼もしく見ております。
従って、皆、正装です。
そうでないと神への無礼になります。
小豆も蒲鉾も、なますも、玉子も、今は自由に選べます。
一年に一回だから、私は最高級の物を探します。
楽しみな買物です。
花びら餅も、この時だけです。
今年も、心豊かな日々になります様に。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

彌叡

Author:彌叡
神の別魂を持つと言われて幾年。 神ながらの道を歩きつつ、思う事、感じる事を書いて行きます。
御相談はAdept・Mentor 島津相談室のHPの方からお願いします

関連ブログです。
Adept・Mentor 島津成晃の独り言
Adept・Mentor 島津成晃の独り言
霊能者と仲間達
だんな様は霊能力者
だんな様はメンター
島津成晃の見つけた良い物

Amazon
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード
twitter
adeptmentorをフォローしましょう