衣替え

 日本の風習で、六月は冬物から夏物に替る月と云われております。
和服の場合、それがもっと細かくて、帯締め・帯揚げ迄がガラリと替ります。
袷(あわせ)、単衣(ひとえ)、絽(ろ)、紗(しゃ)、無双(むそう)等、着物の種類は本当に数が多く、着方を間違えると季節感を疑われてしまいます。

 箪笥を開けると、何年も手を通していない着物がたまには風を当ててくれと云う様に目に入って来ますが、何か毎日忙しくて帯を結ぶ余裕がありません。
五月で袷の季節が終るので、今月の千種会は一寸御粧し等と思ったりして眺めました。

 綸子(りんず)の真っ白い反物をみつけました。
昔買ったものだと思いますが、これを仕立て、神前に座りたいと初めて思いました。
その瞬間、神と仏の差が、身体に鞭を当てられた様に解りました。
やはり神は白です。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

彌叡

Author:彌叡
神の別魂を持つと言われて幾年。 神ながらの道を歩きつつ、思う事、感じる事を書いて行きます。
御相談はAdept・Mentor 島津相談室のHPの方からお願いします

関連ブログです。
Adept・Mentor 島津成晃の独り言
Adept・Mentor 島津成晃の独り言
霊能者と仲間達
だんな様は霊能力者
だんな様はメンター
島津成晃の見つけた良い物

Amazon
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード
twitter
adeptmentorをフォローしましょう