FC2ブログ

出版の先

 1月末にエッセイ「老いをきりりといきる」が出版されてから5ヶ月、遠い記憶のような気がする。増刷しますとか、全国の新聞に広告して下さった折々の知らせ以外、どなたが読んで頂いて居るのかも全然分からない。朝、何時ものように新聞を見ていて、芥川賞作家の生みの苦労や出版社とのやり取りを読んで、一冊の本を出すのにはこんな大変な裏が有るのだと今更ながら驚きました。雑記帳のようになんとなく書き連ねていた文章がたまたま出版社の目に留まってトントンと出して頂いた私のエッセイなど…申し訳ない、幸運としかいえない感謝有るのみです。フアンレターみたいなお便りを戴いたりして、遠いどこかで読んで頂いて居る事に、出版社の販売努力のお蔭が有ることをしみじみ思った次第!!本当に新聞はいろんな事を考えさせてくれます。

彌 叡
banner_20090417093348.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

彌叡

Author:彌叡
神の別魂を持つと言われて幾年。 神ながらの道を歩きつつ、思う事、感じる事を書いて行きます。
御相談はAdept・Mentor 島津相談室のHPの方からお願いします

関連ブログです。
Adept・Mentor 島津成晃の独り言
Adept・Mentor 島津成晃の独り言
霊能者と仲間達
だんな様は霊能力者
だんな様はメンター
島津成晃の見つけた良い物

Amazon
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード
twitter
adeptmentorをフォローしましょう