足許から

 電車の中で素敵な方に会いました。
50歳そこそこの女性で、私が一番目を惹かれたのはその靴でした。
この説珍しく革靴で、手入れの行き届いたえんじ色のその足許に見とれました。
この頃は、20代は当然、30代40代の御婦人も、スニーカーやウォーキングシューズが多く、エレガントとは程遠い足許です。
歩き易いと云うのもありましょうが、私は踵のある普通の革靴が好きです。
洋服に合わせてローヒールになったり、ハイヒールになったり、サンダルになったりしますが、履く前に必ず見て埃を払い、ブラシをかけて履くのが普通と思っていましたが、時代が変わるとそれも古いと言われそうですね。

 電車の中であったその方のえんじ色の靴は決して新しい物ではなく、良く手入れされて足に馴染んだ感じでしたので、余計目に入ったのです。
無作法ながらずっと上の方に目をやると、綿らしいブラウスもきちんとアイロンがかけてあって、久方振りに清涼と云う言葉を思い出しました。
行き届いた生活をしている人がいらっしゃるのですね。
料亭の番頭さんが客の靴を見るとその人の生き方が解ると言っていましたが、本当にそう感じました。
ちょっと良い日でした。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

彌叡

Author:彌叡
神の別魂を持つと言われて幾年。 神ながらの道を歩きつつ、思う事、感じる事を書いて行きます。
御相談はAdept・Mentor 島津相談室のHPの方からお願いします

関連ブログです。
Adept・Mentor 島津成晃の独り言
Adept・Mentor 島津成晃の独り言
霊能者と仲間達
だんな様は霊能力者
だんな様はメンター
島津成晃の見つけた良い物

Amazon
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード
twitter
adeptmentorをフォローしましょう