ひたすら祈る

 祈りは誰の為の思いだろうと折々に感じる。縁のあった人の安堵を願うのか、手を合わすことで自分が安堵するのか、馬鹿みたい考えるときがある。先日高野山に行き、夫の眠る場所で手を合わせた時、同じ思いが湧いて来ました。魂を感じながらも話のない人…急に三十数年の夫婦としての繋がりが浮かんで来たけれど私は何を祈れば良いのだろう?長い年月を有難うかな、そちらは安らかですか?かな、迷っているうちに時間が過ぎてしまいました。でも奥の院で祈りました。夫をお願いいたしますと。快晴の日でした。

彌 叡
banner_20090417093348.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

彌叡

Author:彌叡
神の別魂を持つと言われて幾年。 神ながらの道を歩きつつ、思う事、感じる事を書いて行きます。
御相談はAdept・Mentor 島津相談室のHPの方からお願いします

関連ブログです。
Adept・Mentor 島津成晃の独り言
Adept・Mentor 島津成晃の独り言
霊能者と仲間達
だんな様は霊能力者
だんな様はメンター
島津成晃の見つけた良い物

Amazon
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード
twitter
adeptmentorをフォローしましょう