礼節

 歌舞伎の中村一家に生まれた男児の初舞台デビューをテレビで見ました。歌舞伎界に生まれた男児はその世界に入るのが常と云う。まだ四歳の子はお辞儀一つから厳しく教えられ所作まで細かく、周りの役者たちに暖かく厳しく教えられて舞台に出て行く。あどけなくて涙が出そう、一般家庭では考えられないような修行です。しかし、稽古の間や終わったときの両手をきちんとついた挨拶を見ていて感銘を受けました。師を敬い上下関係を知り言葉遣いを覚えていく…なる程、こうして礼節を体で覚えていくのですね。歌舞伎は出雲のお国から始まっているといいます。貧しかった人達です。姓も松本とか中村が多い、決して裕福な人達では無かったのに、連綿として歌舞伎は続き、梨園と呼ばれ人間国宝も何名か撰ばれている、確固たる世界が出来たのも、揺るがない礼節がシンになって居たのですね。人間礼節を知らずして人間とは言えない、みんなしりながら:ついおざなりになってしまい、幼児に教えられた次第!!

彌 叡
banner_20090417093348.jpg

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

彌叡

Author:彌叡
神の別魂を持つと言われて幾年。 神ながらの道を歩きつつ、思う事、感じる事を書いて行きます。
御相談はAdept・Mentor 島津相談室のHPの方からお願いします

関連ブログです。
Adept・Mentor 島津成晃の独り言
Adept・Mentor 島津成晃の独り言
霊能者と仲間達
だんな様は霊能力者
だんな様はメンター
島津成晃の見つけた良い物

Amazon
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード
twitter
adeptmentorをフォローしましょう