FC2ブログ

かつおぶし

 何年かに一度伊勢神宮に詣で、お神楽を奉納すると神酒とスルメ、
それに堅いかつをぶしをおさがりに下さる。
有り難く頂き神酒は当然我が家の神棚に、スルメはあぶって頂くけれど固いかつをぶしは何度かの引っ越しでかつをぶし削りが消えたので冷蔵庫に眠る羽目になっていました。
ところが売っていたのです。小さい木で作ったかつをぶしけずりが。
早速求めて実験!ふわっと天然の香りが立ってきました。
私の時代は、料理のおだしを採るのが基本でした。
それには昆布とかつをぶしが絶対に欠かせないですものね。
大切にしまっていたかつをぶしを、今機嫌良く削っています。
10センチ程の箱なのに立派な鋼の歯が付いていて、満足!です。

彌 叡
banner_20090417093348.jpg
スポンサーサイト



ギター

街を歩いていたらどこからともなくギターの音色が聞こえてきました。聞き覚えのあるメロディー、つい立ち止まってしまいました。「夜霧の忍び逢い」…懐かしい!多分クロードチアリの演奏だろうと思いましたが、どこから聞こえているのか分からない。久しく聞かなかった忘れられたような曲でしたが、思いがけない散歩中の嬉しい出逢いでした。しばらく道の横に立って聴きました。何だか…ジーンときてしまって、昔を思い出したりして。記憶って残るものなんですね。

彌 叡
banner_20090417093348.jpg

 何年ぶりかで息子夫婦が通う空手道場に参りました。
公美の黒帯審査に応援するつもりで。やはり道場の空気は良い。
小さい道場生も凛々しくまあ元気なこと!
いよいよ始まった公美の黒帯審査は非常に厳しいものだった。
独りで10人を相手に戦う、その時間の前に1時間ほど全員で稽古をしているのだから疲れて居ない訳はない。
必死の様を目にして、6人目辺りから拳を握って居ました。
10人目、息子の内弟子が相手になって、無事終了、涙がにじみ出ました。
普段から真面目そのもので負けず嫌いなむすめ、思い通りの成果があったのかは空手素人の私には分からないけれど、あの場面は大変な思いを与えてくれました。
16年にして初めての感情かもしれない。
道場10周に私が書いて壁に掛けて頂いた「正伝流」の額も映えていてホッとしました。
良い1日でした。

彌 叡
banner_20090417093348.jpg

言葉

 何の脈絡も無く、ふっとある青年の言葉を思い出しました。
多分10数年前に耳にした僅かな言葉だったのに、リアルな記憶に自分が驚きました。
かなりなショックを覚えた事まで思い出して少し狼狽えました。
それと共に、もしかしたら自分も人様に対して、その人が一生傷付いて忘れない言葉を投げて居なかったかが気になりだしました。
気を付けていても他人は私自分じゃないから、受け取り方はそれぞれ違いますから。朝、どうして思い出したのだろう。
この上も思いを直ぐに言葉にする事に神経を使わないと…。
連鎖で色々思い出しそう。
所詮人間ですね。

彌 叡
banner_20090417093348.jpg

変顔

 人間の心は毎日平穏とは言えない。
細かいイライラや雨模様の天気もあって、今日は何か気鬱。朝洗顔をして化粧水を叩きながらふと鏡を見てゲッソリ!
ただでさえブスなのに冴えない顔!!思わず鏡を拭いてしまった。
可笑しいね。思い切って変顔をしてみる。
右頬ぎゅっと、左頬でれっと、噴き出しました。ついでに大口を開けてみたら何かスーッと気が楽になりました。
親心から出た一寸選択違いのご相談を承っているうちに嘗ての自分を重ねてしまったのかしら。
自分にやりきれなくなってしまって気持ちが重くなってしまったのかも。
せめて同じ悔いを残させたくない。変顔が再び私に元気をくれたみたいです。
お笑い芸人だいっきらいのの私がヒント、貰ったみたいです。

彌 叡
banner_20090417093348.jpg

彼の地

 夫が逝ってもう30年を越しました。今彼は、高野山で弘法大師のおわすお山に眠っている。もうすぐ雪が降るだろうから来年までいくのは無理だから、この頃は朝のご挨拶の時に夫を呼び出して無言の会話をしています。不思議に目をつぶると声が聞こえて来るような…。夫婦はそもそも他人だったのに親よりも分かり合える不思議な存在ですね。対する感情は湧き出る思いが違いますが。今日のように冬を思わせる日は、独りが好きな私も昔の良く働いていたころをふと懐かしんだりして。あたしも人だよね!?

彌 叡
banner_20090417093348.jpg

エレガント

 私を含めてだけれど、エレガントな人が見受けられなくなってきた。その佇まいが淡くよいにおいに包まれたような人がいらしたものでした。育ち?教養?家庭?その総てに自分の心掛けが入ったものでしょうか。朝刊の投書を見ていて、亡くなられた芦田淳さんのエレガントなファッションから偲ばれるおみうちのエピソードを読んでいるうちに、思いました。化粧とか洋服じゃない、矢張り心のエレガントなんだって。動きや言葉に心が出るなんて分かっているのに。久し振りに今を考えました。エレガントで…そして強い女性で在りたい。

彌 叡
banner_20090417093348.jpg

馬鹿騒ぎ

 幼い頃から私はバカ騒ぎをしたことがない。育った時代もあって、自分を開放して大声をあげて騒ぐ機会は全然無かったし、多分周囲も許さなかっただろうから。ハロウィン、渋谷の騒ぎは六十年前からあったと聞いて驚きました。どんな形にせよ、歩き回って仮装をして日常の自分を忘れる一瞬が出来たなんて、方法の良し悪しは別にしてうわーっと思います。それに居酒屋の楽しそうな喧騒!悩み多い人生、たまには良いかな!?けど近年の渋谷の騒ぎは幼過ぎ、非常識で「バカか」と言いたくなる。ハロウィンって意味も知らないで騒ぎ回るって、街に並ぶかぼちゃが泣くよ。時代関係なく私にはバカ騒ぎもよいなと思いながら絶対に出来ない風景です。開放の後に虚しさも感じそうだし。開放は違うやり方かも。

彌 叡
banner_20090417093348.jpg
プロフィール

彌叡

Author:彌叡
神の別魂を持つと言われて幾年。 神ながらの道を歩きつつ、思う事、感じる事を書いて行きます。
御相談はAdept・Mentor 島津相談室のHPの方からお願いします

関連ブログです。
Adept・Mentor 島津成晃の独り言
Adept・Mentor 島津成晃の独り言
霊能者と仲間達
だんな様は霊能力者
だんな様はメンター
島津成晃の見つけた良い物

Amazon
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード
twitter
adeptmentorをフォローしましょう