FC2ブログ

出版の先

 1月末にエッセイ「老いをきりりといきる」が出版されてから5ヶ月、遠い記憶のような気がする。増刷しますとか、全国の新聞に広告して下さった折々の知らせ以外、どなたが読んで頂いて居るのかも全然分からない。朝、何時ものように新聞を見ていて、芥川賞作家の生みの苦労や出版社とのやり取りを読んで、一冊の本を出すのにはこんな大変な裏が有るのだと今更ながら驚きました。雑記帳のようになんとなく書き連ねていた文章がたまたま出版社の目に留まってトントンと出して頂いた私のエッセイなど…申し訳ない、幸運としかいえない感謝有るのみです。フアンレターみたいなお便りを戴いたりして、遠いどこかで読んで頂いて居る事に、出版社の販売努力のお蔭が有ることをしみじみ思った次第!!本当に新聞はいろんな事を考えさせてくれます。

彌 叡
banner_20090417093348.jpg
スポンサーサイト



欲って?

 水曜日は歌を習う日、相変わらず先生のお元気な事!30数人のばーさん軍団を明るくまとめて歌の世界にいざなって下さる。こんな曲もあるの?と笑うようなモーツァルトの曲と格闘をし、ムーンリバーと良い気分でスターのように歌い、約二時間のレッスンが終わると、心なしか呼吸が楽になり、みんな顔色が良い。歌は充分に良い運動です。となると、ランチです。聞こえて来るのが、食欲が無いとか何も欲しく無いとかの高齢者独特の独り言、そんな事何の為のアピール!?だから距離をおきます。実際買う気もないけどウィンドウショッピングもするし、美味しい物を楽しく食べるのも大切な時間のひとつ。これは欲なんてくだらない中に入れてほしくない。どうせ生きるのなら時間を大事にしたいもの。だけど、この頃全く何も要らないし欲しくないんだよね!?

彌 叡
banner_20090417093348.jpg

 早朝、内弟子の中村さんからTELあり、闘病中だったお父様が旅立たれたとのこと、覚悟はしていてもこの辛さ、寂しさは言葉にならない。長年看病なさったお母様のご様子が気にかかります。命は必ずいつか絶えるもの、だから生きている間は大切に生きなくてはと思う。今回の中村家の結束を見ていると、故人は一生懸命生きて家族に大切にされていた人なのだと思います。人間は最後に評価が決まるかもしれない。ご冥福を心から祈ります。

彌 叡
banner_20090417093348.jpg

雨上がり

 外を見たら雨が上がって微風、ちょっと歩いてみました。1キロも無いけどパンでも買って来ようと外に出ました。人通りも無く気温もちょうど良い、アー、今日は夏至なのですね。早いなあ、今年は前半どうもスッキリしないなあと母の年齢になって心したのだけど、我が息子殿の判断正しく再びヘンデルの歌に挑戦出来るようになりました。歩きながら微風の中で、有り難いなあと呟きました。けじめの旅も、1人旅を案ずる人達が安心出来るように変わって来たし、今、感謝です。今日はフルーツの入ったパンを買いました。食パンの日じゃないなあと勝手に決めて。伝授の翌日は昼過ぎから我が家は動きます。

彌 叡
banner_20090417093348.jpg

原因

 何にでも現象が起きる原因があると思うけれど、こんなに医学が進歩しても原因不明の病気があると聞きます。私もずーっと大腸が正常じゃない。元気で、食欲もあり日常生活に差し支えも無いけれど、ずっと正常じゃない。でも、ストレスから来る不調は実感して居るから、それなりに対処しているけれど、事、目や耳に不具合がきで、耳鼻科や眼科の診断に不明なんて云われたら、どうすれば良いのか迷ってしまう。病理学より肉体の方が何倍もデリケートで予想もつかない現象が起きるということ事かしら!?なら人生の方が原因あって結果が出る事も多いから、まだ努力しがいが見えるかしら…。何だか生きるのは難しい。

彌 叡
banner_20090417093348.jpg

体調と声

ご存知のように月二回クラシックの声楽家に歌を教わっています。もう十年以上になります。中で気のおけない友人が三人居ますが、皆さん同年輩、お互いに気遣いながら大丈夫?と言う言葉は絶対に使わない事にしています。元気だから歌いに来ているし話も明るくする、相手や周りに気を遣わせるのは、長く生きてきた者には恥なのです。この四人はそのあたりの認識がはっきりした楽な仲間ですから、楽しい集まりです。家に帰ればそれなりに体の痛みを感じたりする年齢だけど、人様の愚痴など聞きたくないし自分も話したくない、有り難い時間を過ごせる仲間が居るって健康の基の一つかもしれません。良い声が出るようになりますよ。

彌 叡
banner_20090417093348.jpg

花より団子

 若い頃はモンブランが大好きで、レストランのデザートも馬鹿の一つ覚えのようにモンブランを食べていたものでした。今も好きですけど、首座を奪ったのは大福です。それも漉し餡がしっかり入った白い大福!次いで、おはぎ、いつの間にかすっかり和菓子の虜になって居ました。茶道のお菓子は上品なおひがしや練り物、でも私が頂きたいのは田舎丸出しの餅菓子、此処に餡ありの和菓子です。息子殿は心得ていて、空手に行った帰りに「今日は売っていたよ」と買って来てくれます。まったく孝行息子です。庭に咲く紫陽花の花を花瓶に挿して素敵な思いでいるのに大福に心を奪われるなんて情けない、でも勝てないよね…昔は逆だったのに!?

彌 叡
banner_20090417093348.jpg

迫力気力体力

 6月10日今年もピアノリサイタルに行って来ました。たまに、余計なものは何も無い、独りだけの演奏を聴くのはとても良い時間です。そのピアニストの気力と体力と底から湧いてくるような迫力に感動しました。優しい面差しから想像する音とは全然違う、この人のピアノ演奏を聴くのは二度目だけど去年を上回ったリストでした。雨で普段なら出掛けないのだけど良い日になりました。一緒に楽しんでくれたAさんMさん、そしてそのお友達、有り難う。

彌 叡
banner_20090417093348.jpg

前と後

 ちゃんと生きないと死ぬ時後悔するといいながら、自分の事は案外分からないもの。この所、私は毎日のように後悔している。自分では必死に生きて来たつもりなのに…思い返すとその未熟さに地団太踏む思い、出来ることなら六十年生き返りたい。あの時の考え方は今ならこうする、そんな事が多く誠に情けなく自分が不甲斐なくなります。悔やむ前にもっと考えて行動すべきだけど、若さは余裕なく走りますものね。もし生まれ変わって少しでも記憶があったら、同じ生き方は絶対にすまい!でも私には前世も後世も無いそうで、全てを消すか、祈るしかありません。矢張り後悔先にたたずです。

彌 叡
banner_20090417093348.jpg
プロフィール

彌叡

Author:彌叡
神の別魂を持つと言われて幾年。 神ながらの道を歩きつつ、思う事、感じる事を書いて行きます。
御相談はAdept・Mentor 島津相談室のHPの方からお願いします

関連ブログです。
Adept・Mentor 島津成晃の独り言
Adept・Mentor 島津成晃の独り言
霊能者と仲間達
だんな様は霊能力者
だんな様はメンター
島津成晃の見つけた良い物

Amazon
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード
twitter
adeptmentorをフォローしましょう