半年

6月の月例会が終わりました。早いですね、もう半年すぎたんですね!とりどしは誠に忙しくあっという間の半年、何かをなしたか?と言えば解りません。でも日に日に元気を取り戻した私、しぶといですね。周りの深い思い遣りと配慮を感じています。今年は庭のアジサイも例年に無いほど大輪の花が咲き、生命力の強い雑草と共に緑と七色を競っています。忙しいと云うのは活気がアルという事ですね!有り難いことです。来月からまたスケジュール一杯、嬉しい忙しい日々が続きます。今習っているカルメンの歌もしっかり練習しなければ。

彌 叡
banner_20090417093348.jpg
スポンサーサイト

 海老蔵氏夫人が旅立たれたと言う。幽明異にする間際、愛していると言葉を遺されたと有りました。私はよく分かりました。遺された人の勘違いや妄想ではない、限られた人の思いからの声だとその愛に頭を垂れます。
今の時代、日本語で愛していると言葉にするのかな、好きと言う文字でもなく、大切でもなく、古い時代の者には外来語のような「愛しています」が、もはや、日常の言葉に成っているのですね。そんな違和感のある日常会話は沢山あるけど、今日は感動と共に驚きました。ずーっと胸に残るだろうな…。
若くして逝った美しい人に…心から合掌致します。

彌 叡
banner_20090417093348.jpg

食事の楽しさ

 みんな集まった食事は楽しい。まして今回は五年頑張った病気の完全本復のお祝いだから万歳ディナー、加えて長い間暑いの時間が無いのとチャンスがなかったチーズホンジュ…スイスディナーと云うことで無条件に楽しい。こんな所にこんなレストランが有るなんてと、昔三回ほど行ったスイスを思い出したお店でした。何ひとつ不満のないチーズ料理は満足感いっぱい!!それにメンバーは才能がハンパじゃ無いピュアな人たち、長い人生で、こういう時間に会えるのは幸せです。みんな優しいし!!本当に突き詰めて拘りきった料理って凄い修行だったのだろうと思います。良い時間でした。

彌 叡
banner_20090417093348.jpg

エッセイ

どうやら私のエッセイが本になる。第一関門を突破したらしい。これから校正やら様々のダメ出しが有って商品になるのだろう。私と同年輩の人たちが愚痴ばかり述べ合って、挙げ句の果てに死ぬ話で終わる…あまりにも無気力な人が多いのでちょっと考え方を変えようよと書き出したエッセイです。私も来月で八十九歳、そりゃ痛い時も有れば腹立たしい時も有りますが、それを愚痴ってどうなるの?人生明るくいきたいと思います。ちゃんと本になって読んで下さる人が居て、自分の楽しみを見つけて「アラ!お若いわね」と言われる人が増えたら嬉しいですね!!

彌 叡
banner_20090417093348.jpg

綺麗になる

 私の朝は神仏の拝礼の後、ゆっくり読む新聞から始まります。勿論起きて直ぐに洗濯機を廻しますからベランダには洗濯物がへんぽんと翻って居ます。毎日まず目に付くのは、化粧品とサプリメントの宣伝、読んで居ると全部が効きそう!足腰シャンとして皺もシミも無くみんな溌剌と生きられる美人になれそうです。デパートに出店しているブランドではなく聞いた事がない会社がいっぱい、それぞれが研究した結果の自信ある商品をPRしているのでしょう。成分もあまり変わらないし、どれを選ぶのかは人様次第。美しくなりたいのは誰も同じです。化粧品の研究所に勤める孫が起業するというのもそのあたりに感じるものがあったのかもしれない。私も元気で、つやつやでいたい!

彌 叡
banner_20090417093348.jpg

安のつく字

 築地問題で頻繁に使われる言葉、安心安全そうだよね、意味が違う、安心、安全、安泰、安穏、皆意味が似ていても違う。でも心の安らぎを求めているのは同じかな?なかなか求めて得られないのも安のついた環境です。生き方も色々だけどのぞみを持ちたい文字です。

彌 叡
banner_20090417093348.jpg

プロフェッショナル

リサイタルでリストの演奏を聞きながら、アー、これは本当にプロだなと思いました。評論家は色々批評をするかも知れないけれど、まさしくプロの演奏。聞きました。プロって大変!自分の霊能力で生活出来る人は十万人に一人と言う。昨日プロの漫画家がおいでになったが一流のプロ。流石!の方です。生きるプロになりたいな。

$Adept・Mentor 島津成晃の独り言-banner

ペタしてね  読者登録してね

紫陽花の季節

 此処に越して来た時には気付かなかったが年々伸びて大きい紫陽花がそのあたりを覆う程咲くようになりました。下の道を通る保育園の小さい子供の団体が「アジサイ、アジサイとかわいい声で合唱をしながら歩いて行きます。ぁ、夏だなと可愛い声に気付かされる思い。本当に色が変わるから花言葉が浮気ってなる程と思うけど、大輪の花の微妙な色合いは何とも美しい。切って花瓶に挿すと、何日も保たないから、溢れるほどの花盛りを楽しみましょう。

彌 叡
banner_20090417093348.jpg

音の醍醐味

 今日は久方振りにコンサートに行ってきます。連れは話が通じる彼女、つまらない気を使わなくて良い人です。空手道場主の奥様がピアニストなんてビックリしたけれど、世界中で活動なさっているらしい。指の素晴らしさ、タッチの完璧さは見事とルドルフゼルキン師が述べておられる。楽しみです。私は特殊な体質で素晴らしい音の中に入って自分の気をコントロール出来るので終わった後の清々しさは人様の何倍も大きい。だから音楽が大好きなのです。この前聴いたのは、横山英雄さんのピアノでした。あの時も別の世界を感じたっけ!今日はまた楽しみです。

彌 叡
banner_20090417093348.jpg

スマホ

 最近の世相として、何か不明な事があると、直ぐにインターネットを駆使して知識を得る人が多い。最初は便利ねとかへ~とか言っていたが、違和感を覚えるようになってきました。其処に出てくる文字や答えはあくまでも長い間ものの本に書かれてきた知識であって、中にある、必ず付随する国民性、地方性、歴史の持つ文字以外の深さがない。単に知識であって、知ったか振りをしたい人には大変有り難い教師的機器だなと思う。一斉にスマホを出して検索して居る人達を見ていると、便利で良しとする思いと人間考える、思い出すと云うことを忘れそうという思いが交錯する。神経も感覚も磨かないと錆びるから。年寄りの世迷い言と思えばそれも良し!!

彌 叡
banner_20090417093348.jpg

落ち着きと云うもの

 夫に先立たれた妻は常にどこかでイライラしているように感じていた。私もそうだったのかも知れない。頼どころと言うわけでもなく、寂しさ百パーセントでも無いのだけど。今回夫の三十三回忌供養の為、夫が眠る高野山に行ってきました。息子夫婦とお弟子さん達にまで合掌していただき口の中でお経を唱えているうちに心が静かに落ち着き楽になっていく不思議な流れを実感しました。全て区切りがついた思いと云うのかしら?安心してもう自分の事を考えられる!仕事を進められる、何か落ち着きました。これは私だけの思いですから一般的ではないと思いますが安心は必ずみんなに機会があると思った旅です。

彌 叡
banner_20090417093348.jpg

初夏

 6月1日です。本当にあっという間の初夏ですがそれは感覚で、1月以来色々大変で下。早朝神棚を整えみずみずしい榊を供えて今月の決意を宣言、弥叡頑張れと自分に激を与えました。この所外出している時も家の中でも自分を叱咤激励する事が多い。他人に言われるのは腹がたつからー自分で自分に力を衝けます。来週、亡夫の33回忌で高野山に行きます。この初夏の日に旅立ってもう32年経ったなんて、毎朝手を合わせていても不思議な気持ちです。生きていたときも今も大きな存在です。夫そっくりになってきた成晃と心を込めて供養をして参ります。高野山は良いですね。サ!弥叡頑張れ!!

彌 叡
banner_20090417093348.jpg
プロフィール

彌叡

Author:彌叡
神の別魂を持つと言われて幾年。 神ながらの道を歩きつつ、思う事、感じる事を書いて行きます。
御相談はAdept・Mentor 島津相談室のHPの方からお願いします

関連ブログです。
Adept・Mentor 島津成晃の独り言
Adept・Mentor 島津成晃の独り言
霊能者と仲間達
だんな様は霊能力者
だんな様はメンター
島津成晃の見つけた良い物

Amazon
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード
twitter
adeptmentorをフォローしましょう