都知事選

投票に行ってきました。ひとりの知事を選ぶのに十倍以上の候補者、熾烈な闘いだったと思うけど街ではあまり見かけなかった、三人だけが目立っていましたが他の人は運動をしていたのでしょうか?どなたが知事になられても良いけど収入の殆ど無い高齢者から名目それなりの出費をあまりさせないで欲しい。暑い中、投票所は一杯の人でした。みんな真剣です。

彌 叡
banner_20090417093348.jpg
スポンサーサイト

御退位

 天皇が退位をお考えだと聞く。皇后とお二方で本当に努力、誠実の、そして理論的な生き方をなされたと思います。大変な時代でしたよね。世界に日本が平和をどれだけ望んでいるかを分かって貰うように成ってきたのも、政治の駆け引きだけではない皇室の「祈り」をしっかり感じます。完璧に祈りをはじめとする総ての公務に身を挺された両陛下を尊敬します。だからこそ今回のご表明は些か複雑ですね!?でも、報道の写真に見る両陛下は本当にお年を召しました。私より六歳も年下ですがー!四十代で亡くなった妹は皇后様と同年齢、及ぶべくもありませんがあの子も真面目で努力家だったなあ!

彌 叡
banner_20090417093348.jpg

色々な意見

歌を教わっている先生を中心に食事会がありました。その数三十人、新宿にわざわざクラシックを習いに出掛けてくる人達だから皆さん元気だし一家言お持ちの方達、知事選の話にまで及んで、結局どなたに投票したら良いのか分からないと云うことになりましたが、微に入り細に入り候補者一人ひとりの分析は正直驚きました。おばさんだとか高齢者だとか馬鹿にしてはいけません!十人居れば十人の意見が有るものです。面白いひと時を過ごしました。私自身?まだ決めていません。

彌 叡
banner_20090417093348.jpg

有り難う

 7月19日私の誕生日に温かいメッセージやお心のこもったお品、それに美しいお花を沢山お送り頂き有り難うございました。今年も元気でこの日を迎えました。皆様のお陰です。これから先も自分の生まれたときからの役目を護っていこうと思って居ます。とても幸せな一日になりました。ありがとうございました。

彌 叡
banner_20090417093348.jpg

お餅

 私は餅菓子が大好き、これは父譲りかもしれない。我が家はいつでも臼や杵が直ぐに出せるほど良くお餅をついた。庭の池のほとりで両親の気のあった餅つきが始まるとご近所さんや部下の人達、みんなが掛け声をかけて盛り上がったものでした。小豆を煮る人、ゴマをする人、きな粉に砂糖を入れすぎたと騒ぐ人…幼い時の思い出なのに鮮明に浮かんできて、ついホロッとしてしまいました。時々大福を買うけれど、お店の味は様々で、小豆ももち米も違うのですね。でも太るからたまーに食べた方が身のためですけど。三日前もデパートで暫く商品を見ていましたが買うのを止めて帰って来ました。今更気にする事もないのに!?

彌 叡
banner_20090417093348.jpg

よい話

毎日のように殺伐としたニュースばかりで憂鬱です。私と同年代の方が池で見つかった事件を聞いて居ますと:明るく真面目に生きてきた人が何故こんな最後を迎えなくちゃいけないの?と怒りを覚えます。横変死と言う運を持っていらっしゃったのでしようか!?運気が下がる時期は誰でもあるけれど、努力をして抜け出す事が出来ますが、横変死の運はなかなか自分では分からない、変な事故に巻き込まれたり命に関わるような目に会いたくないからわかる方にみていただいた方が安心かも。でも世の中には、さも真実のように言う胡散臭い人も居ますからちゃんとした人に出会うのも運でしょうか。夜になって娘の検査結果が良性と出てホッと安心しました。全く人生波乱万丈なりです。滝行に行ってきたお弟子さんの顔が爽やかで成長と向学心に感銘を受けました。彼らは本物です。

彌 叡
banner_20090417093348.jpg

沁みる

 新聞の一面に永六輔さんの大きな写真と訃報が出ている。こんなに偉大な存在だったのですね。早口の軽妙な話し方と6・8・9と呼ばれた中村八大さん、坂本九さんとの数々の歌のイメージが強かったが、常に人の思いに敏感な優しい人だったんですね。「知らない街を歩いてみたい」という歌を私は好きです。口ずさんでいると色々な風景が広がってきます。独りでいて何となく口ずさむ歌です。ご実家がお寺とありました。洒脱に生きられた方、御冥福を祈ります。

彌 叡
banner_20090417093348.jpg

お釈迦様の御縁日

 物心ついた時から仏壇に手を合わせる習慣はあったけれど、自分が還暦の頃になって仏舎利を頂き毎日お参りするようになるとはー思いもしませんでした。でも確かに我が家の空気があれ以来変化したと感じています。みんな元気だし、不自由もないし、人様のお役に積極的に立っているし。今日はお釈迦様の日です。高野山で求めて来た甘茶をお供えしました。今日はみんなのご加護を祈ります。

彌 叡
banner_20090417093348.jpg

お釈迦様

 私達が仏舎利をお祀りするようになって二十年になろうとしています。正当な相続者が骨のガンに罹患され奥様までが乳ガンに冒されたとき、たっての願いと何度も頼まれてお祀りする羽目になったが、最初は震える程の思いだった。お釈迦様のスネのお骨が此処にある、あのご夫婦が亡くなられて誰も大切に祀られなかったら世界中の仏教徒に良い影響が無いだろう。八人の王族がお釈迦様のお骨を分けたと物の本に書いてある。継承なさった方とご縁が出来るとは思いもしなかったけれど、これもお役目だったのだろう。何故急に思い出したのか、あのご夫妻のお顔が浮かんで来ました。30日に夫の三十三回忌法要を行いお経を唱えたのに出て来て下さったのかしら。改めて合掌、大切にお守りしています。

彌 叡
banner_20090417093348.jpg
プロフィール

彌叡

Author:彌叡
神の別魂を持つと言われて幾年。 神ながらの道を歩きつつ、思う事、感じる事を書いて行きます。
御相談はAdept・Mentor 島津相談室のHPの方からお願いします

関連ブログです。
Adept・Mentor 島津成晃の独り言
Adept・Mentor 島津成晃の独り言
霊能者と仲間達
だんな様は霊能力者
だんな様はメンター
島津成晃の見つけた良い物

Amazon
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード
twitter
adeptmentorをフォローしましょう