春未だ

三寒四温とは言い得て妙であります。もう3月も終わりなのにコートを着たり脱いだり、靖国の桜も開花したというのに定まりませんね。もともと中国北部や朝鮮の定まらない春の陽気を指した言葉らしいけれど。昔のお洒落さんは一年に六着のコートを用意していたそうな。冬・春・合いもの・夏の軽い涼しげなもの・初秋の物・そして、初冬のコート、なんと面倒なカレンダーと首っ引きみたいなお洒落ですけど豊かな人達には当たり前の常識だったようです。現代は誠に気楽!何を着ていても誰も何も云いません。TPOさえ気をつければ大抵大丈夫ですね。今朝も寒く早く春がきてほしいです。くだらないお喋りでした。

彌 叡
banner_20090417093348.jpg
スポンサーサイト

身体に合う物

 正直なもので疲れてきますと無性に酸味が欲しくなります。人によって体に足りなくなる成分は異なると思いますが、私の場合は酸味と糖分です。何より果実は即効性があるようで、イチゴやデコポンとネーブルなどの柑橘類は有り難い存在、息子殿は柑橘系が体に合わないと避けて通りますから、この遺伝子は父親譲りみたいですね。疲れて血糖値が下がっていると感じた時は、一も二もなくチョコレートです。ふんだんに食品があって幸せな世の中ですね!自分の体にあうものを知っておくのも大切だと考えてます。

彌 叡
banner_20090417093348.jpg

ジャズ

 昔銀座にジャズを聴かせるお店が有りました。戦後の疲弊した街では元気が出ると云われたり、アメリカかぶれと云われたり、でも当時の日本人はそれを声高にいう元気も無かったと思います。確実に定着したジャズは、でも昨日一流ジャズマンが言っていたようにそれぞれの感覚から随分変化した音楽をジャズと称しているのだそうです。昨日のWE3ジャズコンサートは本当に楽しかったし円熟したアーティストの演奏はつまらないストレスなど飛んでしまいました。気持ちの良い時を誰に感謝しましょうか。音楽は~良いですね。

彌 叡
banner_20090417093348.jpg

バランス

 何となく気分が落ち着かず体調も勝れない。と言っても病気でもなさそう。魂と肉体のバランスは常に動いて居るのですね。魂の強さに体がついて行けなくなることも有るそうな。私にだけの御神託は守るだけですが、安心したせいか130まで増えていた脈が80まで落ち着きました。今日は天気晴朗です。


彌 叡
banner_20090417093348.jpg

嘘でも良いから笑顔で

成晃がよく言う言葉に「嘘でも良いから笑顔を心がけなさい」という諭しがあります。苛立つとき、不満がある時、怯えて心を閉ざして居るとき…笑顔なんか作れないでしょうがこれが不思議に効果が有るのです。人前でゲタゲタ笑いなさいなどではなく鏡の前で笑顔を作ってみるのです。固かった表情がだんだん柔らかくなって、自分が拘っていたことがくだらないものに思えて来たりするのですよ。私も長い人生、涙を流したり:自分にすら腹が立って頑なになったりしたとき:よく洗面所でやりました。絶対にと思っていた事を色々気付いたりもさせてくれましたよ。鏡は自分を第三者として見せてくれます。色々胸に詰まっている方:おすすめします。自分の人生、賢く生きないと損です。考えてみればよく泣いたし笑ったし人生は簡単じゃなかったです。

彌 叡
banner_20090417093348.jpg

男女の考え方

月二回歌を歌いにカルチャーに行きます。大手だからあらゆる項目が有りますが面白い事に男性の多い教室、女性だけの教室があって、?と思いましたが入口の講座名を見て何となく解りました。片や音楽、片や歴史、徒然草には女性が集まり埴輪の解説には男性が多い。男女の思考の差だけなのか?キャリアか?どちらも誰が聞いてもかまわないのにこの分かれ方はおかしい。講座は3ヶ月単位だから又その形を見てみよう。バカみたいな興味だけれど。

彌 叡
banner_20090417093348.jpg

神の力

 今回の高千穂天孫降臨の地への旅は私にとって後にも先にも一度だけの強い旅になりました。昔からあなたは神様の分け御魂を戴いて生まれているのだよと云われながら、実感がなく、それでも自分の意志ではなく誰かに動かされているような人生でしたが、今回の参詣は意味と役目をしっかりと解らせてくれました。人間としての怒りや苛立ちなど所詮、枝葉末葉:飲み込んで消せばよい、役目は大きく包み込む事、何となく分かっていたのについ人間の感情に振り回されてしまっていたみたい。高千穂の社に詣でていて卒然と感じて分かりました。人間は皆さん何がしかの役目を持って産まれて来ると言う。この年になって初めて自分に与えられた役目の大きさはこれからの私の生きがいになりますように!この参拝はなかなか厳しいものでした。

彌 叡
banner_20090417093348.jpg

記憶

興味もあって覚えた歴史上の人物のフルネームがこの所出て来ない。黒田如水って、どの地方だっけなんて自分で信じられない質問をしてしまう。と言うことは、健忘症か?それとも最初から必要に迫られて覚えたのか?好きで歴史の本を読んで居たわけでは無かったのか、自らを分析したりしてしまう。まあ記憶の衰えは仕方がないけれど気付いた時は淋しさも湧いてきます。でも私が大好きだった姉が亡くなった時、十五人の僧侶が唱えてくれた舎利礼文のお経は今もきちんと覚えていますからその時の頭への染み込みかたの違いでしょうか!?いずれにしても少し自覚して気をつけましょう。人様に失礼な返事をしないように。

彌 叡
banner_20090417093348.jpg

食事

 八人でホテルの食事に行きました。毎日社会の第一線で働きながら自分の能力アップに学び、人様のお役に立とうと努力している人たちです。手の込んだフランス料理は流石に美味しく、何よりもすべてが本物が嬉しい。若い人はあまり普段縁のない場所だから、マナーを少し注意するのは私達の役目、だって訓練されて総てを知っている洗練されたウエーターの前で絶対に恥をかかせたくないし、こんな機会に覚えて知識にしてほしいから。余計な音の無いのもゆっくり出来る要因の一つかも知れない。良いひと時でした。

彌 叡
banner_20090417093348.jpg
プロフィール

彌叡

Author:彌叡
神の別魂を持つと言われて幾年。 神ながらの道を歩きつつ、思う事、感じる事を書いて行きます。
御相談はAdept・Mentor 島津相談室のHPの方からお願いします

関連ブログです。
Adept・Mentor 島津成晃の独り言
Adept・Mentor 島津成晃の独り言
霊能者と仲間達
だんな様は霊能力者
だんな様はメンター
島津成晃の見つけた良い物

Amazon
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード
twitter
adeptmentorをフォローしましょう