わき見

駅で地図を見ていたらその横に書いてあったスマホを持つ人にお願いという文字に目を引かれてしまった。大層便利で何でも教えてくれるけど集中してしまって歩く前が見えなくなってしまう、些か危険な代物、そう云えば、友人が新宿でスマホに夢中で歩いて来た青年にぶつかられて捻挫をしたらしい。そうでなくても会話して居る相手がスマホに集中していると、無礼な奴!と思う。節度を知らない人はやめた方が迷惑をかけないし、自分の頭で考えるようになるんじゃないかしら。科学の進歩をとやかく云うつもりはサラサラ無いけど、振りまわされたくないもの。思考能力への影響はどうなんだろう。地図を見るつもりが社会現象の分析になってしまいました。何のたしにもならないのに!

banner_20090417093348.jpg
スポンサーサイト

健康の秘訣

お風呂で体を洗うとき使うのは人によって色々でしょうが、私は五十年来ブラシです。ケンとのブラシは、最初固いように思いますが、お湯に浸し石鹸をつけると適度な柔らかさになるし、なにしろ丈夫!3・4年は傷まないブラシです。これで全身を洗うのが乾布摩擦のように血の循環をよくしてくれているように思います。健康法の一つかな。年を重ねれば小皺は当然出来るけど、オオジワはあまりないようにおもいます。

banner_20090417093348.jpg

旅は道連れ世は情けと昔から言われているけれど、1人旅が好きな人もいます。東京の大学に入った倅をたずねた帰り、新幹線の窓に流れる風景を眺めながらぼんやりしているのが帰ってからの忙しさの合間の1人だけの時間でした。そんなとき知らない人から話しかけられるのが嫌で、寝たふりをしてみたり、周りに乗客の座らない席を取って貰ったりして、1人旅を作ったものです。唯一自分で居られる時間はなかなかないものです。最近は高齢になって1人旅の許可が下りませんが、それは家族の配慮ですから有り難いと思いながら忙しすぎたあの頃を思い出します。あの多忙が作ったものが何だったのか解りませんが…。若い方におすすめします、1人旅!

banner_20090417093348.jpg

認知症

近くのコンビニに行こうとして、角を曲がると激しい叱声が聞こえてきました。確かこのお家には七十代の男性が居るはず、大きな声は女性、多分ご夫婦だろうと思うけど、あまりの怒鳴り声に立ち止まってしまった。さっさと座りなさいと何度も繰り返して、だんだん声がエスカレートしてくる。どうして座らないのと外に居る無関係の私まで悲しくなってくる。認知症なんだろうね。四・五日前門の前で焦点の定まらない目でウロウロしていた人が怒られているのかな?怒りも分かるけど、もっと優しい言葉が無いのかな…。部外者には解らない事情があるとは思うけれど自分にだっていつ起きるか分からない現象だとー何とも寂しい朝です。

banner_20090417093348.jpg

歌の練習

昨日から土砂降り、今日は久し振りの歌唱の日だけれどこれは出かけ慣れない家庭人としては一寸つらいものがある。しかし悪性リンパ腫の闘病中の先生が抗がん剤投与の合間を縫って来て下さるのだから出席しなくては。この雨は清めの雨!病よ消えろ、それに意志を持って進む道を阻むものはこの豪雨と共に流れて去れ!!止んだ後はスタートでしょう。さて、ここには本当に優秀なスタッフが揃いました。五名の内弟子さんは、1人づつ才能が違って面白い。それに現代の感覚を持っている。体だけではなく、心や神経も若くないと成長しませんものね。何十歳になっても瑞々しい感性が必要だと思います。さあ、雨のつかの間の晴れ、歌いに行ってきます。

banner_20090417093348.jpg

育ち

どんなに貧しく育っても、本人の心掛け次第で人格、品格は備わるものと思い、若い頃は育ちが悪いとねという大人に反発していたが、矢張りそう言う面も多いと思い出している。遺伝子だけではなく、普段の生活習慣や会話、物の見方や事象に対しての判断全て育った家の暮らし方をみているのだから影響が無い筈はない。反面教師に見ることが出来れば良いけれど、子供は無邪気に親を信じて居ますからね。先人は、間違ったことを言っているわけじゃありませんね。残念ながら。

banner_20090417093348.jpg

食事

パーティーが終わって1ヶ月、内弟子さんと慰労を兼ね食事に行きました。打ち上げは近くの居酒屋でやりましたが、よいお店で美味しい料理を味わいながら、頑張りましたねとねぎらいたかったのと、この人たちの品性が好きだと言うこともあり、一緒に食事をしていて楽しいのですよ。気を使わずにいられます。第一みんな四十代、私のような高齢者と食事になんて、普通は思わないでしょう。そんな空気を微塵も感じさせない人達です。流石に「なだ万」の料理はおいしかった!きちんとおだしを取ったお椀を頂いたとき、あ!本物だとホッとしました。昔は手間ひま掛けていたんですけどね。味覚も心も充たされて帰りました。良い一夜でした。

banner_20090417093348.jpg

伊勢神宮

昨年遷宮が行われた伊勢神宮には大変な人出で参拝を控えましたが、今年は11月みんなで参ることが出来ることになりました。日本の原点であり謙虚に皇室のご先祖を敬います。と共に、おとぎ話や童話にもかかれ、親しまれている神話の神にお会いできる喜びを感じます。薄っぺらな信仰心は無意味です。あの空気に浸るだけで浄められます。楽しみです。去年から療養中だった方も行けるって、本当に嬉しい!みんな品格の高い人達です。よくもこんなにピュアな人達がそろったものです。2ヶ月余り毎日大切に生きて良い旅に致したいものですね。

banner_20090417093348.jpg

生命

部屋の真ん中に元気な青虫が歩いている。私が朝起きてその部屋に入るのを待ちかねたように突然のご入来、どこからきたのだろう?見るからに生まれたてのような柔らかい感じ、でも、申し訳ないないけど居てもらうのは困ります。薬剤を掛けるのははばかられて水に流れて貰うことにしました。一瞬、神の使いか?と思うほど美しい緑だったので、土に放せばヤモリの餌になりそうな気がして流れてもらいました。多分、蛾になるか蝶になるかの子供だったのでしょうけれど、あれも一つの命、あの形で生まれて来なければ生きられるのに。人間も捨てられぬように、きちんと人や社会に認められるように、道を歩きたい。雑音に惑わされぬように、明るく生きたい。年を重ねる毎にピュアになり、素硝子のように心の中が見えてとみに生命や生き様を考えます。

banner_20090417093348.jpg

休養

我が家は毎日忙しい。沢山の価値観、思考、育ちの違う人達とお話をし、原稿を書き、メールを読んで送り-その他細かい仕事は山ほどあります。でも一番長い時間をかけ、大切なのは「祈り」です。すべてのものに対して祈ります。不思議なもので何時間であろうと疲れませんし、どんどん対象が広がります。それが心の休養にもなるのですよ。でも体の休養は、矢張り眠る事かも。それと、たまの旅行かな!?

banner_20090417093348.jpg

酷暑が続き、体も心も水に頼っていたこの数ヶ月、昨夜から何もかも洗い流すようなどしゃ降り!気持ちが良い。時はお盆明けだから尚更有り難い。汚いもの、愚かな思い、因縁、みな流れてほしいですね。その後に見えるキレイなものを大切に育てましょう。でもおかしいのです。来客と近くの料理屋に食事に行こうとしたらパッタリ雨が止んで、約二時間帰ってきてリビングに入ったら又どしゃ降りになってきたのですよ。良いことも悪いことも、全て天はお見通しのようです。今日は観音様のご縁日、おいでになると言われたかたたちが濡れませんように。

banner_20090417093348.jpg

回帰

この所よく目にします。オジサンがロボットや飛行機の模型を一生懸命、それも楽しそうに作っている風景最初はえっ?という感じだったけれど、真剣な顔や0・1ミリの誤差も許せない作り方を見ていると逆に「オジサン像」に興味が湧いてきた。パーティーでも、何年かのブランクがあったのに真剣な顔でビオラを弾いてくれたっけ、狩衣姿が身についた神々しいまでの真面目な顔は普段の社会生活では見られない別の感、男性の色々な変化は大層魅力がある。かえって一面しか無い人はつまらないかもしれない。幼い頃への回帰ではない、人間の大元への回帰かな!?集中してやれることが有るって素晴らしいし、その完成したものもとても良い!!

banner_20090417093348.jpg

友人

よく一生の友達という人がいます。本当にそう言う付き合いが有るのでしょうかしら!?小学校時代から転勤が多い親のためか、よそ者といじめを受けた者にとっては友人なんていてもいなくてもというより他人でしか無かったけれど、生涯の友がいる人は幸せだと思います。でも良くしたもので、高齢になって大切に思える人に何人か出会えて、飾らずに話ができる今を嬉しいと思います。そう言う方も、同じ思いを持って生きてきたりするから人生は何か面白い。神様は色々お考えになるものです。お互いに元気を与えあえたら良い友人と言えるかしら!

banner_20090417093348.jpg

テレビで古いドラマを観ていました。引き込まれる程の傑作でもなく何となくです。ところが一瞬目を奪われました。客を出迎えた高齢者役の女優の膝前に置いた手に。美しい!人差し指の内側同士を斜めに合わせた手の形から、彼女の性格や教養まで分かる…次の所作を見て、これは演技ではなくて彼女の身についたものだと解りました。マニキュアをしてもしなくても、指の神経一つでこんなに美しいなんて、尤も付け焼き刃では無理ですが。老いてきてシワの増えた手に赤いマニキュアをすると、とても手までが綺麗に見えて気持ちが良いけど、もう少し神経を使ったら他の所も美しく思えるかもしれません。土田と言ったかしら、大抵年配に近い女優だけどきちんとした生活をしているのだろうとまで思わせた一コマでした。

banner_20090417093348.jpg

心配ない

水曜日は内弟子さんの勉強の日です。めざましい進歩の陰には驚くほどの真摯な学ぶ姿勢が有るのですね。勧めてそれぞれの仕事を始めて、みな才能が違いますからひとりづつ頑張り、必要な分野では協力しあってよく成績を上げています。この頃では健康が気になるほど忙しくなりましたね。自分の体質や能力を知り、レベルアップしていく生き生きした顔をみていると、この勉学はすごいと思います。小学校の算数じゃありませんから、感性と柔軟な頭脳、吸収する細胞が必要です。早い話頭が悪かったり上っ面のパホーマンスでは絶対着いていけません。お弟子さんの顔を見るのが嬉しいですね。忙しすぎて体を壊さぬように、それも心配ないみたい。

banner_20090417093348.jpg

センス

センスと言えばファッションと思いますが、先日のパーティーで視野が広がりました。構成のセンス、カメラポイント、司会、色々見つけました。垢抜けたセンスが無いと、本当につまらないパーティーになります。司会者がステージで自分の身内を紹介なんかしたら顰蹙もの、公私混同も甚だしい。一気にパーティーの品格が下がり、司会者もその身内も笑われてしまう。センスのなさと会の趣旨を理解していない証拠と評価されます。自分個人の会なの!?スピーチにもその人のセンスが現れますね。凝縮した内容をパッと短く華やかに話せたら素晴らしい。一級建築士の方は、やはり洒落た方でした。センスって頭の良さと感受性が必要なんですね。呆けてくるとそれも鈍るから気をつけませんと!何でも学べるものです。ヤッパリ形じゃなくて、心だな…。そして面に現れるんだなと再認識です。名誉挽回もセンスよく洒落てね!!

banner_20090417093348.jpg

継続

感じ入りました。ご依頼を承け、夜九時からご供養の儀式が始まりました。助法はめざましい進歩をしている四人の内弟子さんたち、本当にそれぞれの違う才能がこの頃開花して来て大変楽しみです。それにこの人たちは4人共、謙虚なのです。すすむ途中で驕りを持つとそこで止まります。耐えて抑えてすすむから身について行くのだろうと思います。継続して行くことの難しさです。しかし今日のご供養は明らかに彼らの心を知りました。いいな!幸せだな!目に見えない世界、人間の根本を動かす存在に寄り添い、癒やし、力を貰えるなんて。いとおしく尊敬すら感じました。挫折した人達に勿体ないと言う思いも否めませんね。オーラが消えるって実生活にも影響します。今回のパーティーで感じた一つでもありました。

banner_20090417093348.jpg
プロフィール

彌叡

Author:彌叡
神の別魂を持つと言われて幾年。 神ながらの道を歩きつつ、思う事、感じる事を書いて行きます。
御相談はAdept・Mentor 島津相談室のHPの方からお願いします

関連ブログです。
Adept・Mentor 島津成晃の独り言
Adept・Mentor 島津成晃の独り言
霊能者と仲間達
だんな様は霊能力者
だんな様はメンター
島津成晃の見つけた良い物

Amazon
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード
twitter
adeptmentorをフォローしましょう