小さな歴史

 少しずつ部屋の隅を片付けてます。
若い頃から、自分で買ったものや、戴いた物も含めて、沢山の香水が眠っているのを思い出し、出してみました。
見てみればその頃の状況が浮かんで来ます。
一番好きなのは、「ジャンパトウのジョイ」一滴下着箪笥に振って置くと、そこはかとなく淡い薫りが漂います。
元々ヨーロッパの貴族が、儀式の折りにつけたものだそうですが、体臭のうすい日本人には、ほんの一滴で十分です。
その中に、二十年前、引きこもりの中学生の男の子がゲームで取ったと私に持ってきてくれた細く小さなビンを見つけました。
「シャネル」と書いてありますが、ゲームでそんな物があるはずもありませんが、あの時のあのこの目を思い出しました。元気にはなったけれど、親の願い通りの道には進みませんでしたが、三十も過ぎて働いて居ると聞き、ホッとしたものです。
大切にしまっておきます。
私が居なくなった後、これを誰かが使ってくれたら嬉しいですね。
小さいことだけど、これも歴史の一つでしょうか。

banner_20090417093348.jpg
スポンサーサイト

終戦記念日

 昭和二十年八月、まだ米軍による空襲は続いていました。
15日学校の校庭に集められた私たちは、昭和天皇陛下の御言葉を聞いたのです。
あの日の胸に突き刺さった衝撃は、一生忘れられません。
又その日が巡って来ました。
沢山の若者が戦死しました。
みんな国を信じて戦ったのに、今の世を見たら自分達の思いは何の為だったのかと無念だとしか言えないでしよう。
尖閣・竹島・北方領土、六十年以上もたつのに、希望が一つづつ無くなって、情けない限りです。
今日改めてあの日そして辛かった戦争の虚しさを深い思いで考えなくてはと思ってます。

banner_20090417093348.jpg

TVドラマ

 私はホームドラマやお笑いが好きじゃなくて、テレビを観るのは、ニュースやサスペンスドラマです。
でも山村美沙さんや、西村京太郎さんのドラマは、安易過ぎて物足りないし、内田康夫さんの浅見シリーズは、俳優が力不足でつまらないなあと思ってます。
先日、松本清張のドラマがあるのを見つけました。主演は、名優宇野重吉の息子寺尾聡、心理的な訴えが沁みるドラマで、久しぶりに引き込まれた次第。
たかがテレビのドラマというなかれ、このドラマだけではなく、役者のなんたるものかを見せてくれる演技派が増えてほしいものです。
でもそのドラマの題名はきれいに忘れています。
ただひとときの感動を今も覚えてます。
芸能界の方々、感動させて下さい。

banner_20090417093348.jpg

 平成二十四年も7ヶ月をすぎました。
全く早いとしか言いようがありません。
何かできたの?と聞かれても、堂々と胸を張って言える成果は、有りません。
ただ毎日心を尽くして過ごして居たのは、何十年一日も変わっていないとだけは言えますが。
また明日から、丁寧に生きてまいります。
神様、長い目で見ていて下さいませ。

banner_20090417093348.jpg
プロフィール

彌叡

Author:彌叡
神の別魂を持つと言われて幾年。 神ながらの道を歩きつつ、思う事、感じる事を書いて行きます。
御相談はAdept・Mentor 島津相談室のHPの方からお願いします

関連ブログです。
Adept・Mentor 島津成晃の独り言
Adept・Mentor 島津成晃の独り言
霊能者と仲間達
だんな様は霊能力者
だんな様はメンター
島津成晃の見つけた良い物

Amazon
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード
twitter
adeptmentorをフォローしましょう