反面教師

 私の友人は、当然の事ながら同年輩。
でも、同級生と違って、成人し子育て、孫等を持つ身になってから出来た友人は2種類あります。
一つは、あちこち身体の不調を訴え、人間関係の難しさを話する人。
一つは、一年毎に理性的になって、驚く様な世情の話にもきちんと対応出来る人。
これって、何故でしょう。
多分、ボタンをきちんとかけて生活して来た人と、かけわすれても平気だった人との差でしょうか。
どちらも私にとっては反面教師。
人世の中でのこう云う機会を頂けたのは、誠に有り難き事です。
人間って、本当に楽しい生物です。

banner_20090417093348.jpg
スポンサーサイト

権力者

 長い間戦って来たと云うカダフィ大佐が亡くなったと報道がありました。
住民が喜んで踊っている姿もTVで見ました。
独裁者一人で、今迄全国民の自由を縛り、その死でこんなに突然感情が爆発する程、恐怖の存在があったのでしょうか。
尤も、カダフィ大佐の周りには、イエスマンを含め唯々諾々と従い、権力を握った当時の純粋さも消えてしまって、暴力さえ容認する人達が沢山集まったのでしょうね。
権力とは、全く怖いものです。

 日本の歴史を見てて、時代々々でトップの権力者がいましたよね。
平清盛、織田信長、家康に秀吉と、ずーっと歴史に権力者としての名前が残ってます。
戦いもあり、切腹もあり、仇討ちも、様々の伝書がありますが、日本の権力者は力だけではなく、優れた画師に絵を描かせ、大切に保存したものが何百年も続いていて、どんな意図があったにせよ、文化も残しているのですね。
陶器、書、建築、現代の人間でもとても出来ない様な精緻な業を残させています。
日本人の感性でしょうか。
強いだけでは人間不十分ですね。
広く世を見て行きたいと、ニュースを見ながら、改めて考えた事でした。

banner_20090417093348.jpg

学の気持ち

 久方振りに国文学に一生を捧げた様な学者の講義を聞きました。
大額の名誉教授と云うその方は、70歳と云う年齢にも関わらず、理路整然と年号の誤りもなく、源氏物語から紀貫之まで和歌の詠み方さえ鮮やかに話されました。
学生時代から今の年齢迄、そしれこれから先も学ぶ心の一筋に感服致しました。

 今の私には、あの雰囲気に馴染めません。
20代の頃なら夢中になったかもしれませんが、場所が神社の社務所だった事もありましょう。
息子殿が「ママさん、格が違うんだよ。」と申しました。
私の魂の源と、今日伺った神社の祭神とでは馴染めなくて当然との話で、腑に落ちました。

 でも、皆さん熱心に聴講され、質問もしっかりなさって、年齢に関わらず学んでいらっしゃるのに驚きましたし、嬉しくなりました。
老人は家に閉じ篭もるなんて話は、もう時代遅れですね。
皆、生き生きしてました。
いつもは15分位かかって帰る道、今日はどう云う訳か8分で着きました。

banner_20090417093348.jpg

ハンドクリーム

 気温が下がって来ると、何だか掌が乾いて来る様な、少し荒れた感じがして来ますね。
入浴の後、丁寧にハンドクリームを擦り込んで、爪の先までマッサージをします。
血圧にも効果があるんですって。
手と足の爪を全部、10回ずつ揉み、手のついでに踵にもハンドクリームを塗ります。
踵が荒れているのって、何か毎日の生活にも雑な様な気がしますものね。
足の裏と指の間にもクリームを擦り込んでベッドに入ると、本当にリラックスした気分になります。
ささやかな贅沢ですね。
私のハンドクリームは「ヒノキ」です。

banner_20090417093348.jpg

歌番組

 先日、珍しくTVで歌番組が長時間あって、昔からの歌謡曲を聞きました。
随分、亡くなられた方がおられるのですね。
歌詞は知りませんが、メロディは殆ど聞き覚えがあり、懐かしい思いが致しました。
演歌にも色々な分野があるのですね。
フォーク調だったり、クラシックに近かったり。
私の勝手な好みは、美空ひばりさんの「佐渡情話」、八代亜紀さんの「舟歌」、五木ひろしさんの「契り」が好きですね。
これは声の出し方に興味があるせいもあります。

 ディナーショーに行っても聴きたいと思う人は、今いらっしゃいません。
この頃のクリスマスは、ケーキもなく、歌もなく、フランス料理もありません。
ショーが終ってから、大した事なかったと思うのが淋しいので出かけません。
昔好きだった歌手も、年をとって声が出なくなりましたものね。
でも、時に摂生して健康な人は、70歳になっても朗々と歌われますから、歌を仕事としておられる方は、プロとしてそんな努力を願いたいものです。
少し人気が出て来ると、周りがチヤホヤしてお酒を飲ませたり、夜遊び等をさせるから、永い間に傷めてしまうのでしょうから、本当のファンは応援の仕方を考えるべきだと思いますね。

banner_20090417093348.jpg

小春日和

 小春日和って、こんな日の事でしょうか。
縁側で日向ぼっこをしてウトウトしたい様な久し振りの柔らかい陽射しです。
アッと云う間に50cm近く伸びていた裏の方の雑草に気づき、一生懸命むしりました。
身体に小さな実が沢山ついて、昔こんな事があったなと、腑と思い出しました。

 榊の木も南天も、いつの間にか伸びています。
自然にちゃんと順応していると、改めて草木の生命力を思いました。
一日々々退化して行く様な自分の細胞に比べ、これから伸びる若者達は、時間を無駄にして欲しくないと思いますね。

banner_20090417093348.jpg

クラシック

 若い頃、少しだけ練習していてブランク50年、改めてクラシックを習う様になって、もう3年になります。
五十の手習いどころか、川を挟んで向うは彼岸と云う場にまたがって驚く人もおりますが、誠に楽しく、不思議な事に高い声が段々出る様になって来るのですよ。
背筋や腹式呼吸が上手く出来る様になると、幾らでも声って出るんですね。
人間の身体って全くデリケートです。

 10月からはまた難しくなりそうです。
ジュピターは難しいですよとの師の言葉ですが、この頃は余り動じなくなって来て、30名の生徒、にこやかに「ハイハイ」と言ってますから、時間って凄いですね。
結構、脳の活性にもなっていそうです。

banner_20090417093348.jpg

街の変化

 近くの町を歩いておりますと、ついこの間まであったお店がなくなっていたり、異うお店になっていたりして、この2~3年、商売って大変だなぁと思います。
創業50年100年と聞くと、そこの人達の努力が並大抵じゃないのだと思いますね。
それに人との繋がりに於ても、一つの会社が駄目になると取引きのあった所が次々と影響を受けますものね。
自営業は殊に気を引き締めて、常に最も良い方法を考えていかないと、良くも悪くもスピードの早い世の中について行けないと思います。

 私は果物が大好き。
この辺りにはスーパーもコンビニも沢山ありますから、すぐに買いに行けるのですが、これも営業努力と云うのでしょうね。
旬の美味しい果物を見つけるのは一寸難しい作業です。
有名な果物店でも、買ってみてがっかりする事も良くありますしね。
一軒だけいつも旬の物を置いていて、余り落胆させない専門店があります。
ピオーネを買って来て冷蔵庫に入れておき、扉を開ける時に二粒つまむだけで疲れがスーッと抜けます。

 平穏に暮らせて好きな物が頂けて、高い知識の会話が家の中に飛び交って、若い人達のエネルギーを吸収出来て、私にとっては今が一番幸せかも!!

banner_20090417093348.jpg

彼岸花

 昨年の今頃も書いたのかもしれませんが、道路から玄関までの道に、今年も彼岸花が沢山真赤に咲きました。
葉がついていない茎に大きな花です。
いつもなら1~2本切って仏壇に飾るのですけれど、今年は天候不順のせいか御彼岸が過ぎてから咲き始めましたので、一本も切らずにいました。
何十本も一列に一斉に咲き、思わぬ眼の保養です。

 幼い頃を思い出しました。
亡母は山形市の出身で、紅花が庭に沢山あったり、彼岸花が9月になると一斉に咲いて美しかったと、日当たりの良い縁側で話をしてくれた事を突然思い出しました。
亡姉は芙蓉が好きで、40代で亡くなった妹は水仙が好きだった等、思いがけず記憶に残っていました。
お花って、心が休まりますね。

 真白な菊を沢山活けて10月を迎えたいと思います。
何せ神無月ですから、清潔に美しくして、神様が留まって下さる様に。
大和の神以前の古い神様しか出雲に行かないそうです。

banner_20090417093348.jpg
プロフィール

彌叡

Author:彌叡
神の別魂を持つと言われて幾年。 神ながらの道を歩きつつ、思う事、感じる事を書いて行きます。
御相談はAdept・Mentor 島津相談室のHPの方からお願いします

関連ブログです。
Adept・Mentor 島津成晃の独り言
Adept・Mentor 島津成晃の独り言
霊能者と仲間達
だんな様は霊能力者
だんな様はメンター
島津成晃の見つけた良い物

Amazon
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード
twitter
adeptmentorをフォローしましょう