護身法

 護身法の凄さを実感致しました。
そして、作法だけではなく、真の意味を皆程度の差こそあれ、身についていると思いました。

 ここで護身法を学んでいた人達は、今回の東日本大震災で被害を受けた人は一人もなく、それぞれの都合で、又用件で南の方へ、皆下っていたのです。
ある人は関西に、ある人は九州に、又ある人は海外に、皆偶然の用時です。
自分の身は自分の力で護れる、その証明が図らずも実証された様に思います。
毎月拝見していると、本当に真剣ですものね。
私共にお出でになっている方が特に優秀なのかもしれませんが、尚一層学んで戴いて、色々な人様の役にも立つ力をつけて戴きたいものです。

banner_20090417093348.jpg
スポンサーサイト

有難い事です

 見知らぬ方に話しかけれられる事は昔から良くありましたが、有難い事に色々な方が声をかけて下さいます。
風邪が流行った時も、そして今回の震災にも、また私の永年使っていた薬品の事も、皆様とても親身になって下さって感謝しております。
御心配戴いた仙台の娘夫婦も、月末にはガスが通るそうで、帰って片付けが出来そうです。
剣道七段の婿殿は、一人孤軍奮闘して箪笥や仏壇を起し、陶器を片付け、頑張った様で。
労ってあげなくてはと思いつつ、取引先の遺憾で先行きを案じたり、何もしてやれない親としては甲斐ない心配をしてしまいます。
でも、武士道に生きる人だから、きっと立ち上がると信じます。
私も何年か、生きている間、元気に歩きたいと思います。
毎日大切に生きて、後で悔やまぬ様に。

banner_20090417093348.jpg

祈りの時

 3月21日は沢山の人が集まって春彼岸の御供養を奉じました。
私共での行事は年に6回、その中に春と秋の御彼岸会、そして御盆と云う三回の仏事があります。
古来よりの作法に則って、心を込めた献経を唱え、自分の血の繋がりを大切に祈ります。
今年は、殊に東北関東地震で沢山の人が黄泉国に旅立たれてしまい、その無念の想いが伝わって重い行でした。

 地震国とも云われる火山の多い日本ですが、あの美しいリアス式海岸が牙をむくなど、考えてもいませんでした。
悲しくて淋しいですね。
私の娘夫婦も仙台市若林区在住、連絡が取れるまでの3日間、命が縮む想いでしたが、幸せにも無事が解ってホッとしました。

 CADを守って身体で蔽ったと云う話を聞き、家業を守る男の姿を見る様に思いました。
車で10分程の所が津波で流されたと聞き、この幸運を必ずお返しせねばと思います。
何か私でも出来る事がありましょうか。
今は、ただ祈るだけです。
日本の強さを待って。

banner_20090417093348.jpg

靖国神社

 日中や日韓の関係が悪化している原因の一つに、靖国神社問題があると云われます。
それは問題の一つであって、他にも色々思惑や駆引き等があるのは周知の事ですが、戦中戦後を生きた者にとっては靖国は複雑です。
周りの沢山の人が軍に入隊させられて死にました。
合言葉は、「靖国で会おう」
誰も、国や他人を恨みませんでした。
しかし、その若者達を戦争に追い遣ったとされる愚か者をあの靖国神社に祀ると云うのは、だれも納得しないでしょう。

 今回の東北大震災の御遺体が火葬されずに、もしかしたら土葬になるかもしれないと記事にありました。
横変死に見舞われて、もしかしたら自分が生きていないと云う事すら認識しておられない方も沢山おられましょう。
幸いにも被害が少なかった私達は、そう云う方達が日本の土に還り、必ず生れ変って幸せになられる様、祈るばかりです。
毎日、手を合わせます。

  靖国の人達も神社庁も文化庁も、きちんと結論を出して、皆の心を大切に考えて下さい。
御魂を移す作法等、ちゃんと修行して神仏に仕えた者には安易な事です。
貴方達は、何を学んで来たのかと問いたいと思います。

banner_20090417093348.jpg

暖かい気持ちに感謝

 身心を鍛えましょう。
万一の場合、体力がないと負けてしまいます。
また、いつも揺るがぬ心を持つ様に努めたいと思います。

 思いがけない不幸に遭われた方に、心から御冥福を祈り上げます。

 私自身は、11日郊外に出ていて、地震発生の為電車が止まり、タクシーもなく、ひたすら辛抱をと決心してましたが、お弟子さん達のお迎えを受け、帰宅する事が出来ました。
午前3時でした。
本当に、皆様の暖かいお気遣い、厚く御礼を申します。
もしかしたら、あの寒気、命までこたえていたかもしれません。
本当に、本当に、有難う御座居ました。

banner_20090417093348.jpg

久し振りの記事ですが

 久し振りの記事ですが、大震災と云う大変な事態となりましたが、皆様お元気でいらっしゃいますか?
自然と云うのは、時に残酷なものです。
今年は何かが起きると思ってましたが、まさかこんな津波が来るのは思いませんでした。
御身内、御親戚、大丈夫ですか?
ただ祈るだけです。

 私達、戦争を知る者はもっと酷い状況を目前に見て、あの記憶を何とか忘れたいと思って来ましたが、再びTVの映像に冷水を浴びる想いです。
啓示かもしれません。
お互い、人間としてきちんと生きましょう。
私の娘も仙台の若林区に住んでいるのに、難を逃れました。
護って戴いたと思います。
思慮と試練を与えられたのかもしれません。

banner_20090417093348.jpg
プロフィール

彌叡

Author:彌叡
神の別魂を持つと言われて幾年。 神ながらの道を歩きつつ、思う事、感じる事を書いて行きます。
御相談はAdept・Mentor 島津相談室のHPの方からお願いします

関連ブログです。
Adept・Mentor 島津成晃の独り言
Adept・Mentor 島津成晃の独り言
霊能者と仲間達
だんな様は霊能力者
だんな様はメンター
島津成晃の見つけた良い物

Amazon
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード
twitter
adeptmentorをフォローしましょう