歌の力

 急な気温の落込みのせいか、遠くにいる身内が重病のせいか、何となくこの所心が穏やかじゃなく、黙って座っている時間が長くなりました。
色々仕事があるのにと、自分に腹が立ってましたが、今日ぼんやりとTVを見ていて、段々細胞が甦って来た様です。
何の事はない、九州は宮崎大神宮の境内で、秋川と云う歌手が朗々歌っただけの事なのですが、夜の暗い、広い境内に響くテノールが、刺激を与えてくれたのかもしれません。
頭の上から「何やってんの」と声が聞こえた様な気がしました。
皆様が言って下さる元気印の私が無気力になっちゃいけませんね。

 明日は歌曲を習いに行く日。
楽しい日が待ってます。
明るくて、頭が良くて、それでいて謙虚な友人達が待っていてくれます。

 それにしても、秋抜きの冬が訪れた様に思いますね。
全く今年の気候は変です。
ちゃんと食事を頂いて、良く眠って、良く動いて、体調を調えないと負けてしまいますね。
やらなきゃいけない事をやらないで、2ヶ月後の新年は、恥ずかしくて迎えられません。
ガンバロ!!

banner_20090417093348.jpg
スポンサーサイト

上の責任

 使用人が自分の望む通りに動かないと云う場合は、大抵上に立つ者の考え方がその原因になっている場合が沢山あります。
家事のお手伝いさんにしろ、販売員にしろ、また介護系の方にしろ、始めは皆白紙の状態で来ます。
その家の家風なり、日常生活のやり方なり、仕事の進め方やけじめ等でも、主がきちんと決めて最初に伝えておくと大抵はスムーズに行きますが、色々人間関係のアクシデントがあると、その度にまた教えねばなりません。

 昔と今が違うのは、勤務先に対する考え方です。
皆、自分の為に働くのですね。
主が大事、お宅が大事、会社が大事などと云う考え方ではなくなりました。
働いて勤務先が良くなれば、自分の生活も保証されるのだから働くのです。
自分の為、そしてスキルアップして、どんどん上昇したい。
その為に、今いる勤務先で一生懸命働くのです。
性に合った雰囲気だったり、自分にプラスになる上司がいたりする人は長く続くだろうと思いますけれど、昔の様に規則に縛られる事を良しとする人など、今は殆どおりませんよね。
上に立つ者は、世情と人間の変化を鋭く見なければなりませんね。

banner_20090417093348.jpg

働く

 就活が中々大変だと報道されております。
世情が良くないからと云いますが、昔から何十年毎にこう云う現象があった様に思います。
「大学は出たけれど」と云う文句が流行ったのは昭和の初めだった様ですし、戦後だって何だかそんな思いを聞いた事があります。

 我が孫殿の次男坊も大学4年生、就活の真最中。
親にも誰にも目標を言わず頑張っている様ですが、多分決まったら言うつもりなのでしょう。
心配をかけまいと云うのか、照れか、とやかく言われるのが厭なのか、その本心は解りませんが、その中精一杯のメールが来る事でしょう。

 働ける場所があるって、今凄い事の様に思います。
連日お訪ね下さる方達の心の支えになるのも、働いていると云う事だと息子殿は申します。
そんな日が、命尽きる三日前位迄続いたら、もう大満足ですね。
良く眠り、良く働き、良く考え、食べ物は程々にかな?
元気でおりましょう。

 あれ程頭を悩ませていた雑草が、突然の寒気に一斉にしおれてしまいました。
枯れたのもあります。
案外弱い生命力だったのかなと思いつつ、酷暑の折のあの元気なスクスク振りは何だったんだろうと思います。
芯をしっかり持たないと、健康でいられませんね。

banner_20090417093348.jpg

Ave Maria

 「アベマリア」って拓さんの作品があるのですね。
10月からの練習に戴いた新しい楽譜にあるのは、マスカーニの「アベマリア」。
元々、オペラ「カヴァレリア・ルスチカーナ」からの曲ですが、もうこれで4人目の「アベマリア」です。
何れも易しそうでいて難しい。
そして美しい旋律ですが、色々な時に教会等で歌われて、人の心を優しくしてくれるのでしょう。

 この会に所属して良かった事は、呼吸法の正しいやり方で、幾らでも声が出る事。
これは驚きです。
それに、殆どがクラシックやカンツォーネですから、その曲の歴史的背景の説明や作曲者の生立ち、曲の想い等の話も聞かれ、何百年も前の作曲者が納得出来る形で身近に感じられる様になった事。
でもね、音楽だけでは何か此の頃物足りないのです。
何年学べるか解らないけれど、文学的なもの、或いは歴史的なものにも浸りたいなと思います。
ただ、後部座席で聞いているだけでも良いなと、しきりに考えてます。

 1kgか2kg、体重が落ちて来たのかしら。
音楽が聞こえて来ると、ふっと踊りたくなったりするのです。
何十年のステップでも、身体は覚えているものですね。

 何れにしても、一般的には倖せな毎日です。
時々いらっしゃる若い人達のパワーも戴けますしね。

banner_20090417093348.jpg

正しい認識

 第2次世界大戦が起こってしまった歴史的背景も知らぬ、まして戦争そのものも体験していなかった若者達が、戦後処理の手続すら知らぬまま、中国でデモをやっております。
近世の政府情報でしか知らない人達が判断に迷うのは致し方ない事ですから、もっときちんとした歴史認識を学者や政府は、広く言うべきだと思いますし、知る事が必要だと思います。
加えて、こう云う騒ぎを英雄面をして起す人間が、昔から必ずおります。
本当に昔からです。
こんなパフォーマンスが続く程、人間は甘くないのに。

 平和平和と皆綺麗事で述べ立てて政治家になりますけど、最低の教育も出来ない指導者に惑わされない事ですね。
若い人は純粋だから、過激なアジテーションを本物と勘違いしてしまいます。
後々、解って来るのですが。
昔の由井正雪と同様の者が、何百年経っても現れては消え、消えては現れるのですね。

 自分に正しい知識と判断を与える事ですね。
呉々も、先生と呼ばれる指導者方に本当の指導をして戴きたいものです。

banner_20090417093348.jpg

ダイエット

 2~3kgの減量に喜んで随分歩き易いと自分の事を誉めていたのに、今日旅の写真を見てがっかりしました。
何て醜い、デブちゃん!!
これ誰?って言いたい位ですが、顔はまさしく自分、全く以て情けない。
よくよく反省せねばなりません。
多分、細胞の数も亡母に似ているのでしょう。
記憶にある母の姿は、今の自分の姿。
少しは似ていても、こんなに似ているなんて思ってもいませんでした。

 さぁ、今日から頑張ります。
好きなアイスクリームを止め、餅菓子を止め、毎朝の運動を倍にして、と意気込みを持てるのも、健康のせいでしょう。
何処か不調だと必ず精神面に影響しますものね。
人間の財産は「健康」だと、最近しみじみ思います。
そりゃ、お金がなくては生活出来ませんから、それも大事。
住む家も大事、職業も勿論、何より生活の基盤を作るものですから大切です。
でも、それさえ、丈夫で生き生きしてなきゃ中途半端になります。

 朝、パッと起きられるか、体調はどうか、簡単にチェックするのを朝の日課にしていたら、随分違うと思います。
悪くなる前に気づく事ですから。
今の自分の状況は、後2~3kgの減量を実現させる事。
一寸、この処、神経が鋭くなっているので、すぐ血圧の上昇に繋がります。
それにも減量は良いかも。

 自分の事は自分で気づいて、他人に愚痴をこぼさない事。
潔く生きましょうね。

banner_20090417093348.jpg

池内淳子さん

 著明な芸能人が、最近次々と逝かれます。
寿命もあり、そうでない人もあり、そのお顔を見るとその方の生き方が解りますね。

 私が好きだった女優の池内淳子さんが亡くなりました。
三越の呉服部にいらした頃から存じ上げておりますが(勿論、直接ではありません)、あの低いトーンの歯切れの良い言葉と、立居振舞いがとても好きでした。
随分前、茶席でのお点前をTVで見て、凛とした美しさの惚れ惚れしたものでした。
私が好きになる人って、大抵、声のトーンが低く、きちんとお話をなさる方が多いですね。
奈良岡朋子さんも、そのお一人です。
今、好きな女優さんはいませんね。

banner_20090417093348.jpg

伊勢神宮

 伊勢神宮参拝旅行のメインイベント、御神楽殿での雅楽の雅さ。
普段余り接する機会がありませんが、お能が好きな私はあの笙篳篥の音色に非常な安堵を覚えます。
もしかしたら、雲の上でその昔耳にしていて、心に沁みているのかもしれません。
良い旅でした。
この次は遷宮の年にでも又行きたいなと思いました。
何よりも、同行者達の人間性が素晴らしくて、皆気遣いがあり、節度があり、こう云う人達と知り合えた事は本当に嬉しいですね。

banner_20090417093348.jpg
プロフィール

彌叡

Author:彌叡
神の別魂を持つと言われて幾年。 神ながらの道を歩きつつ、思う事、感じる事を書いて行きます。
御相談はAdept・Mentor 島津相談室のHPの方からお願いします

関連ブログです。
Adept・Mentor 島津成晃の独り言
Adept・Mentor 島津成晃の独り言
霊能者と仲間達
だんな様は霊能力者
だんな様はメンター
島津成晃の見つけた良い物

Amazon
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード
twitter
adeptmentorをフォローしましょう