心に残る友

 たまたまペンを取り出そうと文具箱を見ましたら、いつか国立劇場にお芝居を観に行った時、幹事の方が手配してくれた拡大鏡が出て来ました。
その方は無類の歌舞伎好きで、「ヨッ、成田屋!!」とか見せ場のグッドタイミングでの掛け声も堂に入っていました。
私達に対する配慮も並大抵ではなく、さり気ない心遣いの温かい方でした。
逝かれて3年になりますが、いつ迄も長く心に残る歴史の会の友人でした。

 ブルーの拡大鏡は劇場の好意だったのか、あのY氏が買って分けて下さったものか、もう解りません。
でも中村勘三郎に似た面差しの友は、会の誰もが多分忘れないだろうと思います。
倒れたのが暑い時でしたから、丁度今の時期ですね。
ふと思い出し、合掌しました。

banner_20090417093348.jpg
スポンサーサイト

スパゲッティ

 時々、夕食にスパゲッティを作る事があります。
ソースは色々で、ミートソースだったり明太子だったり海鮮だったりしますが、やはり世代の異いは味に表れますね。
と云うより、それぞれの好みですけれど。
西洋料理の作り方は、昔ホテルのシェフに教えて戴いたりして大体解りますけど、このイタリア系は簡単な様で却って難しいです。
ソースによってスパゲッティの太さや茹でる時間も違いますし、塩も異う。
出来上がって大きな皿一杯に盛って食卓に並ぶととても豊かな気持ちになって、日本食の時とは全然違う楽しさがありますけど、それ迄は塩加減やお酒を入れるタイミング等、中々デリケートなものです。
この頃は夫婦で作ってくれますし、中々のものですから私は美味しく戴くだけ。
体脂肪の心配だけしていれば良いのですよ。

 昔、ホテルのイタリアンのお店に稲垣君と云う店長と、稲持君と云うウェイターがいて、とても心遣いの細やかな人達で、いつも楽しい食事になったものです。
押しつけがましくなく、知識は驚く程深いのにあくまでも客の意に添う様な姿勢を私達は評価していたものです。
時々は、大学生で一人暮らしをしていた成晃に珈琲を託けてくれたりして、気持ちの良い人達でした。
今、何処であんなサービスをしているのでしょうか。
時々、思い出します。

 今、接客の天才と云う青年がこの会におりますが、客への気遣いはあの時の人達と同じ位になったと思います。
もう少し経ったら調うかも。
楽しみにしてます。

banner_20090417093348.jpg

起承転結

 誠実じゃないと、やはり厭ですね。
心配をしてメッセージを送っても返事が返って来ない人、何かの段取りやアドバイスをしてあげても結果が報告されない人、熟語として文章の心得として「起承転結」と云う文字がありますが、生き方にこの「起」と「結」が疎かな人が大変多いと思っております。
これがきちんと行きますと、人脈も広がり、信用も増すのにねと残念に思いますよね。
亡くなった松山恵子の唄に「だから言ったじゃないの」と歌い出す歌詞がありますが、その通りになっちゃいますね。
自分が現役で動き回っていた時は、こう云う事もあったのかもしれませんが、長く生きて色々経験して得た事は、若い人に伝えて、後悔ない人生の指針の一つになればと思うのですけれど。

 誰でも怠け心は多少あるものです。
それが自分の一休みだったり、立ち上がる前の間合いだったりするのなら良いのですけど、そのまま仕事をなおざりにしてしまうのは感心しませんね。
私は大抵元気でじっとしていられない性格ですが、時にア~ッと怠け心が顔を覗かせます。
そんな時は、成晃達の空手ではありませんが、一・二・三・バン!!と大腿を叩いて立ち上がる事にしております。
気合いが入りますよ。
それに、サァ~ッと血流が良くなって、「今せねばならぬ事」がハッキリ視えて来ます。
これはお勧めです!!

banner_20090417093348.jpg

母の後ろ姿

 夜半、ふと目が覚めて階下に行ってみました。
遅くまでお客様がいらっしゃったので、まだ部屋は涼しく、暫くソファで冷たいお茶を飲みながらボーッと座りました。
ふと、昔々の事が突然浮んで来ました。
夜半、玄関で靴を磨いている母の後ろ姿です。
朝8時半に迎えの車が来る父が履いて行く革靴を、毎晩母は丁寧に磨いていたものです。
誰かにさせれば良いのにと言われても聞かず、外に出る人だからと皆が寝静まった夜、丁寧に汚れを落し、ピカピカに磨いて玄関の式台の前にきちんと揃えておりましたが、どうして今頃こんな事を思い出したのか解りません。

 近頃、革靴を履く人は少なくなりましたね。
ウォーキングシューズだったり、スポーツシューズだったり、足が疲れず水にも強い便利な物が増えて、私自身も愛用しておりますが、改まった時はやはり革靴ですし、それも磨いてないとみすぼらしい、だらしない感じがします。
長い間、何か心の中のけじめを一つ落していた様な気がしました。
今、靴を磨いてあげる人はおりませんが、せめて自分だけでも足許を綺麗にしようと思います。

 どうしてこんな事を思い出してしまったのでしょうか?
成晃のせいかな?
公美のせいかな?
時々、昔の思いがけない出来事が、この所頻繁に出て来ます。
二人で、私が口にしない記憶を掘り出しているのかも。
霊能力者は、本当に油断出来ません。

banner_20090417093348.jpg

いつまでも元気で

 私の事を120歳迄生きるなどと言う人がおります。
そりゃね、心身共にシャンとして、思考能力も衰えず、方向感覚も変わらず、他への配慮も隅々迄行き届く状態がずっと持続出来たら、それも悪くはないと思いますけどね。
そう言って頼って戴ける丈、嬉しいと感謝します。

 私がこの世に生を受けた役目は、沢山の人を大きく包んでその人達の能力を上向きに発揮出来る様、魂に力を与える事、関わった人全てをそんな想いで見ていますが、まだまだ命じられたお役目は果してませんから、今の段階で天に還るのは拒否されるかもしれませんね。

 でも、時々空しくなったり、哀しくなったりもするのです。
関わった人の足りない部分や配慮のなさを、その人の為に糺してあげたいと思っても、受け取る側の性格や考え方もありますから、真直ぐに気持ちが通じなかったり、理解が出来なかったりする時。
余り多弁で人を説得したくないですから、私はその人の心の中を読むに止めますが、勿体ないなぁ、ここがプラスされればポンとステップが上がって評価されるのに、って時々思うのですよ。

 大体、私はクールでシビアなくせに、変に情もあるので困ったものですね。
皆、皆、世の中で光って欲しいと常に思っています。
人様に後ろ指を指されない様に、陰で笑われたりしない様に、力になってあげたいと思いながら年を重ねて行ったら、その中神の扉が静かに開くかもしれません。
それ迄、毎朝100回の足踏みも続け、大声で歌い、元気でおりましょう。

banner_20090417093348.jpg

基本的な常識

 現在の青年達の親御さんは、大抵あの戦争中かそれに近い頃のお育ちで、食べる事が最も大変な時代。
子供の躾けなど考えられなかったのでしょうと思います。

 この頃、目につくのは青年達の基本的な常識が欠落している事です。
言葉遣いも、こう云う時はこう云う使い方、上下関係に依っての異いも御存知ない方が多く見られ、家庭内が視えて来ます。
今からでも遅くない。
基本を覚えたらどうでしょうか?
行動、言動、全てです。

banner_20090417093348.jpg

じっとしていられない

 自分でも誠に頑固だと思うが、何か思い立つと一日中頭に引っかかって、やはり身体が動いてしまう。
今日も酷暑の極みなのに、一駅向うの銀行が気になって、とつおいつ迷いながら、結局のこのこと大した事でもない用で出かけてしまう。
何も今日急いで行く用でもないのに、済ませないとシコリが消えない。
熱中症にならない様にと皆に心配して貰う中でも、気になったら放っておけないのです。
困ったものです。
しかし、この夏を含めて、本当に変な年です。

banner_20090417093348.jpg

御盆の供養

 枝豆が美味しい季節ですね。
あちこちの県が作って出してますけど、今の時点では良く買って来るのは「だだ茶豆」です。
コクがあって、栄養は勿論折紙付きです。から、軽い塩味で頂くと、我が家は皆お酒を飲みませんので、お菓子代りに堪能してます。
美味しいですよ。

 もう旧盆ですね。
今年は特に各家の御先祖様が動いていらっしゃる様で、大変です。
十五日、懇ろに心を込めて御供養させて戴きます。
科学的には「DNA」の文字がすっかり知られてますが、DNA即ち先祖からの遺伝だと云う事をお忘れの方も多く、自分だけが突然この世に生まれて来た如くに思っていらっしゃる様です。
この肉、この血、この神経を誰が下さったんでしょうね。
仇や疎かに、簡単に考えていたら、誠に失礼な事だと思います。
合掌して感謝したいと思います。

banner_20090417093348.jpg

ごきげんよう

 「ごきげんよう」と学習院出身の友人はにこやかに申します。
天邪鬼な私は心の中でちっともご機嫌など良くないと思いながら、「あら、ごめんあそばせ、ごきげんよう」と返します。
ステイタスを意識しておられるのでしょうね。

 もう亡くなられた方ですが、私が尊敬していた奥様は宮家出身の方で、当然学習院御出身、紅茶を召し上がる風情も美しい方でしたが、「ごきげんよう」なんて一度も仰らなかった。
それよりも、爽かな正しい日本語で、言葉の美しい方でした。
でも、その御嬢様方は、一にも二にも「ごきげんよう」でがさつな感じ、中々難しいものですね。
DNAも行先を間違ったりして。

banner_20090417093348.jpg

思い上がり

 思い上がりは自分で気をつけるしかありません。
自分に自信を持つ事は良い事ですけれど、廻りの誰よりも自分が優れていると様々の場で思い上がった発言をする人が増えている様で、聞いている方が居耐らなくなります。

 この所、私も何度かそう云う感じを持つ事があったので、ムカムカしながら御本人の顔をまじまじと眺めました。
30代40代で発言した事を60代70代で思い返した時、自分の未熟さに気づく、人間の成長ってそう云う積み重ねだと、此の頃とみに思います。
自分の意見は、良く顧みてから言葉を選んで述べて欲しい。

banner_20090417093348.jpg

忠誠心

 今、死語の様になっている言葉の一つに「忠誠心」と云うのがあります。
熟年以上の年を長く重ねた者は、直ちにそれが国を思う気持ちと繋がりますが、現代の若い人達にはどう伝わるのでしょうか。
ひたすら国を思う気持ち、日本人の誇りを以て国を守ろうと云う忠誠心で沢山の若者が戦地で亡くなりました。
戦争が終わった時、自決した人もありました。
悲しい程、純粋な想いだったと思います。
考えれば考える程、腹が立つ馬鹿な戦争のおかげで、貴重な頭脳と心が失われたと思います。

 6日の広島、9日の長崎、あの惨状を見てさえ、時代時代の政治家は何一つ手を打ちませんでした。
何の為に地方を代表しているのでしょうね。
忠誠心とは、上にいる者に対する諂いとは違う筈ですね。
信念は、多分選挙の時の決まり文句の一つなのでしょうか。

 戦争を体験し、周囲に沢山の戦死者の遺族を見、欠乏に耐えて来た者にとっては、あの4年間の地獄は忘れられませんね。
心ある、実行力のある、潔い政府が出来ないものでしょうか。

banner_20090417093348.jpg

政治家と云うもの

 政治家一人ひとりを観察していると、とても面白い。
「イラ菅」と云われる現総理がどんな時にイライラするかが「解る」。
自分の意志を押え付けられている等、顔にハッキリ出て来る。
目付きも上目使いになるし、途端の只のおじさんになって来るから、野党の時あれ程与党に向って議論を吹きかけていたのが嘘の様に見えて来る。
外へ出たら7人の敵がいると昔から云われているが、政治家は敵が千人もいて当り前かもしれない。

 小沢氏の傲慢さは、剛腕とは縁遠いものと見ています。
信小沢のチルドレン達を使って菅下しをしてみたり、党全体の会議に欠席をして暗躍を試みていたり、くだらない人間ですね。
正々堂々とした所が全然見られない。
姑息な考えは絶対に成功しない事を自覚して欲しいと思いますが、座禅をしても千日行を修行しても、あの品性は変らないでしょうね。
何か、政治と云う物を勘違いしている様に思います。

 前原氏のクールさ(だけでもないですが)、原口氏の小坊主風、此の頃あの魅力的だった声まで変って来た仙谷氏、野党になって急に存在感が出て来た石破氏等、見ていて飽きません。
まだ混沌としていますが、どの人がどの様に自分のポジションを作られるのか、良く見ていましょう。
楽しみです。

 しかし、丈夫でなければ政治家も芸能人も務まりませんね。

banner_20090417093348.jpg

8月に思う

 雑草が勢い良く伸び過ぎて驚いてしまう。
猫の額の様な小さい庭でも、雑草に埋まってしまうと妙に存在感が出て来るからおかしいものです。

 人間はひ弱であってはならない。
雑草の如くしぶとく、負けてはならないと昔の賢人は良く申しました。
この頃は、殊に不景気だからヘロヘロしていたり、怠け者だったりすると、雑草の如くアルバイトや奨学金で必死に学校を出た人には何れ圧されてしまうのでしょうね。
現代は自分に忠実で、選択を間違えなければ生きて行けます。
有難い時代かもしれません。

 でも、今から65年前は、赤紙一枚で戦争に駆り出された人が沢山いました。
もうじき、8月15日、痛恨の日です。
優秀な若者が沢山死にました。
未だに何故戦争をしたのか、日本のプライドって何だったのかと考えます。
肝心な事には、皆無口になります。
色々な著書が戦争の事を書いてますけれど、大抵は戦後生まれの人達、あの時の凄まじさは体験者しか知りません。
でも、どうしようもありません。
両手を合せ、合掌するのみです。

banner_20090417093348.jpg
プロフィール

彌叡

Author:彌叡
神の別魂を持つと言われて幾年。 神ながらの道を歩きつつ、思う事、感じる事を書いて行きます。
御相談はAdept・Mentor 島津相談室のHPの方からお願いします

関連ブログです。
Adept・Mentor 島津成晃の独り言
Adept・Mentor 島津成晃の独り言
霊能者と仲間達
だんな様は霊能力者
だんな様はメンター
島津成晃の見つけた良い物

Amazon
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード
twitter
adeptmentorをフォローしましょう