芸能人

 この辺りの街は、TVに出て来る役者さんが随分住んでおられるらしい。
時々出会う白髪の役者さんに、今日も会いました。
随分昔から時代劇で家老等をやっている人ですが、誠に品が良く、オーソドックスな身なりで滑る様に歩いて行かれる。
穏やかな面差しを見ていますと、この人の今までが見えて来ます。
きちんと生きて、良い年を重ねた人だなぁと、多分生半可な世界ではない芸能界で、ちゃんと努力をして来たであろうと思わせる方です。
また、西尾某と云うバイプレーヤーの女優さんも時々会いますが、真直ぐに向いて歩いておられます。
人間誰でも、心がけですね。
それも継続ですね。
今になって、魅力のある大人になるのには、若い時からの生き様だとつくづく思います。
これから何年この世にいるかは解りませんが、精々背筋を伸ばし、広く潔い目線で生きたいなと思います。

 嬉しい事一つ、移転する事になった歌の教室が住友ビルに決まって下見に行きました。
歴史やら陶芸やら油絵やら茶道の教室がありました。
俄然、張り切ってます。

Adept・Mentor 島津相談室
banner_20090417093348.jpg
スポンサーサイト

散 歩

 昨日の風雨が嘘の様な雲一つない蒼空に誘われて、一寸だけ足を伸ばしました。
電車に乗って二駅先で降りるつもりが、射創の外を眺めている中にこのまま乗っていたくなって、ついつい川崎の方迄行ってしまいました。
ウィークデイなのに沢山の人、何が欲しいと云う訳でもないので、あちこち眺めながら久しぶりに来た街を楽しみました。

 皆さんご存じかもしれませんが、どんなに喉が渇いても、私は喫茶店やレストランに一人で入れないのです。
情けない事ですが、この頃は自販機がありますからジュースやコーヒーを買って人前から隠れる様にして行儀悪く渇きを癒します。
成晃は、そんな私に昔からの躾けのせいだろうと申しますが、洒落た喫茶店に文庫本一冊を持ってスイーッと入るのも憧れなんですけどね。
なんて、娘の様な事を思います。

 ひとり歩きは、誰にも気兼ねせず、足を止めたい時に止め、眺めたい場所を眺め、誠に心安む時間です。
だって、必ず誰もが一緒にいる人には気を使うものですものね。
気を使うのも厭なら、気を使われるのがもっと厭なのです。
別に孤独を楽しんでいる訳でもないのですけれど、これも我が儘に入るのかもしれませんが。

Adept・Mentor 島津相談室
banner_20090417093348.jpg

微熱は気持ち悪い

 微熱は全く厄介な不調です。
解熱剤を飲む程の高熱でもなし、と云って無視するには沢山の要素を抱えていて、放ってはおけません。
それに何となく倦怠感があって、シャキッとしないのですよ。
考えられるのは、まず風邪、気管支の炎症、案外大変な病気が潜んでいるかもしれません。
過労や水不足でも微熱は出ますし、ストレスでもそう云う状態になりますから、色々原因を考えてます。
それとも歯茎の炎症かな~?
まず風邪薬と抗生物質を服用してみましょう。

 かぶのシチューを作ってみました。
コンソメ味が良く沁みた所で、人参・豚薄切り・タマネギ、かぶの新鮮な葉っぱも入れて、野菜たっぷりの胃に優しい一品が出来ました。
昨日残った天ぷらで天丼を作り、取り合わせは和洋折衷ながら、違和感もなく、柔らかいかぶも美味しく、身体が温まりました。
もしかしたら、明日は解熱しているかも。

 日曜日は月例会ですから、明日は準備です。
明後日は若い人達のエネルギーを沢山戴きましょう。
有難い事です。

Adept・Mentor 島津相談室
banner_20090417093348.jpg

お料理

 もぎたてのお茄子を戴きました。
紫色の艶々した、丹精の痕がハッキリ解る茄子です。
今日は天ぷらの予定でしたので、用意した材料にお茄子も加えました。
日本の食事は楽しいですね。
海老にホタテ、椎茸、さつまいも、きぬさや、海苔にそして茄子。
おみおつけを加えて、誠に豪華な夕食になりました。

 我が家はお塩で天ぷらを戴きます。
いつか帝国ホテルの「なだ万」で揚げたての天ぷらを食べましたが、天つゆが余り甘くて一つ一つの味が解らず、お塩を出して貰った事があります。
具材の味を良く味わうのには、天つゆよりもお塩の方が良い様に思います。
これは自分の好みですけど。

  有名な日本料理店には随分行きましたが、大阪の吉兆がザブザブと味の素を使うのを見てガッカリしたり、京都の老舗ではえび芋のふくめ煮が真白なのに辛かったり、色々ありました。
きっと淡口醤油の使い過ぎか、板前さんが舌をやけどでもしていたのかも。

 心を込めて素人なりに作ったものが一番美味しいかもしれません。
でも、美味しさ不味さを知る為には、美味しい物の味を知らねばならず、結局はプロのプロたる気概を知る店に行く事でしょう。

 今日は(?も)美味しい食事でした。
感謝です。

Adept・Mentor 島津相談室
banner_20090417093348.jpg

 毎日夢を見ているのですが、朝になると殆ど覚えていません。
不思議なものです。
でも、一昨日珍しくリアルな夢を見ました。
夫と開業した診療所の夢なのですが、どう云う訳か外科なのです。
全く内科でしたのに。
何故外科専門だったのでしょう?
夫は外科をやりたかったのかしら?
でも、一度もそんな話を聞いた事がありませんでした。
当時は聴診器一本で開業出来るのは内科だけでしたものね。
50万円の資金の中で、家もレントゲンも診療器具が全部揃ったのですから、嘘の様な時代ですね。
今頃こんな夢を見るなんて、それも20年ぶり位の夢ですのに、夫の真意をあの世に云って聞いてみたくなりました。

 益々夫に似て来た面差しの息子殿は、言う事まで似て来て、夫も理論を大切にする人だったなと、息子殿の言動から夫を思い出す。
逆説的ですが、血統ってこんなものかと感じます。

 折しも、父上の御生前は余り仲が良くなかったと聞く方が、最期をきちんと看取られた話を伺い、尊敬致しました。
純白な心の持ち主です。
節度を知り、本当の人間だと感銘を受けました。
血の繋がりのある者すら大切に出来ない人が多いこの頃の風潮だから、尚更感じたのかも。

Adept・Mentor 島津相談室
banner_20090417093348.jpg

色々な趣味

 あちこちにカルチャーセンターが出来て、どこも結構盛況と聞いていましたが、今や採算が取れない科目も増えたらしく、私が歌を習っているセンターも本年を以て閉鎖となるそうです。
幸い、他のビルに教室が確保出来、一月からまた新教室での授業が始まる事になりました。

 時を同じくする様に、千種会も12月で500回を記録致します。
これを期に20年間出席した会を退めようと決めました。
丁度250回の時に入会して、キリの良い処です。
自分の年齢はすっかり頭から取り去って、明るい人世を元気に生きたいと思います。

 息子殿が言いました。
歌を続けられる様になって、本当に良かった。
もう一つ、頭脳を退化させない為に教育的な物を探すと良いですね、ですって。
勿論、そのつもりです。
歴史の講義を聴きに行くのか、文学を学ぶのか、短歌でもやってみるか。
まだハッキリとは決まってませんけれど、楽しく学べる物をずっと続けようと思っております。
それとも、建築でも学んで家を建てようかな!!
体力と気力を、もう一度奮い立たせねば。

Adept・Mentor 島津相談室
banner_20090417093348.jpg

天声人語

 論説委員と称する人は、本当に好き勝手な自分の理屈を言うものですね。
今までのアナログ的な人情に、デジタル的なものを早急に持ち込むなと書いてありました。
これは、その両方が共有しなければ成り立たない社会と云うものを、最近の民主党の行動を見ていての風刺だろうと思いますが、曾て自民党の古い古い体質を付いていた同じ事で、民主党の粗探しをしている様で、不快な思いが致します。
先走って自分の博識ぶりをひけらかすよりも、まず公平に見てからハッキリ定まった見解を述べて欲しいと願います。
大新聞の天声人語を書く人は、社内外の評価も高い人なのでしょうけどね。

 私の家は何となく何十年も同じ新聞を取っておりますが、そろそろ変えようかなと思います。
一人一人事象にはそれぞれの意見があって当然ですが、日本人本来の意識を持って広い視野と的確な深い判断が欲しいですから、余り偏った意見(今まで何度もあった)は、心が冷えるかもしれません。
私だけが感じるのですかね?
と云って、私は自民・民主、どちらのシンパでもありません。

Adept・Mentor 島津相談室
banner_20090417093348.jpg

千種会を引退

 「江戸時代の歴史を勉強しませんか」と誘われたのが、もう20年前です。
江戸時代と云えば徳川時代、家康以来15代将軍あり、300年に亘っての歴史には武士だけではなく、様々の風習、催事、人情が満載ですから、一も二もなく飛びついて月一回の集まりに出席致しました。

 創立者は三田魚藍寺の文学に造詣の深いご住職。
そこの会館での学習でした。
多士済々、官僚あり、医師あり、事業家あり、日舞の師匠あり、テーマを決めてかなり高度な学習でした。
お茶一杯で約5時間。
中には徳富蘆花の秘書だった、滅法礼儀にうるさい人がいて、発言時間が延びたりすると白い扇子で机をピシピシ叩いて促したりして、本当に心に残る会でした。

 でも、如何せん皆高齢、一人ずつ彼岸に渡り、当時の方で残っているのは僅かに5人程。
会の様子も全く様変わり。
この半年程、私はこの会で何を得ているのだろう?
時間が勿体ないと感じる様になってしまいました。
私に残された時間は、もうそんなに長くないのに。
とつおいつ迷って、漸く決めたんです。
もう千種会に出るのは辞めようと。
入会した頃のあの雰囲気が続いていたら、一生関わっていたでしょうけど。
また、歴史の講演でも聞きに行こうと思ってます。

Adept・Mentor 島津相談室
banner_20090417093348.jpg

ぶどう

 果物を食べると何かしら元気になります。
「巨峰」と云う、武道の中にも産地によって色々な味がありますけれど、今年の大粒の巨峰は二粒程食べただけでスーッと疲れが取れる思いが致します。
この夏の気温が関係しているらしいですが、誠に有難く嬉しく思っています。

 これから西洋梨や柿、梨等色々出て来ますね。
人によって牛肉を食べると元気になる人、お酒は勿論の事、口にする物で元気になると云う話を聞きますが、大体昔は好き嫌いが烈しく、お肉類は一切駄目、魚も御免と云って、庭の果物が一番だったせいか、また戻って来たのでしょうか。
果物だけで暮らしても良い様な気分です。

 現実には、ミートソースでもトンカツでも、鰻でも、この頃は食べますが、疲れがこうじた時は、やはり果物ですね。
昔、ジュネーブで夫と果物を齧りながら歩いた事を思い出します。

Adept・Mentor 島津相談室
banner_20090417093348.jpg

でも、でも、

 「でも、一生懸命やってます」と云う言葉を良く聞きます。
自分の事も他人の事もです。
でもね、結果が出なければ一生懸命の事だけを評価する訳には行きませんよね。
方向性が間違っていたのか、押すべきポイントが解らなかったとか、自分の考えが安易だったからとか、その理由は色々ある筈です。
「でも~」と云う出だしの言葉は、その時既に自分を守り、弁解するだけの言葉ですね。

 永く生きて来ると、駆け引きや拒否感や自分のガード姿勢が丸見えに見えて来て、経験を重ねるのも良し悪しかなと思ってしまいます。
だって、それを指摘しても、そう云う話し方をする人達には通じませんもの。
なら、憎まれない様に、思って言う事も控えようと考えてしまいます。

 あっけらかんと、「あ、そうか、解った」と云う人は、大層魅力的な人と思いますし、実際伸びていますね。
構えて結果の損を取るか、大らかに堂々と前を向いて成功する為に自分の力を振り絞るか、そんな処も幸不幸の別れ道かもしれませんね。

Adept・Mentor 島津相談室
banner_20090417093348.jpg

顔写真

 政治家や企業役員の顔写真を見ると、その方がトップになる人かナンバー2で留まる人かが解ります。
これを、その方が身辺に漂わせるオーラ、パワーと云うのでしょうか。
一度試してみると、中々面白いですよ。
だって、凝視しないと最初は解りませんから。
集中力も必要かもしれません。

 鳩山御兄弟の時もそうでした。
邦夫氏は田中角栄氏が太鼓判を押した政治家、由紀夫氏は宇宙人の様な学者、
けれど、10年前にその顔には歴然と今の立場が見えていましたね。
だから、偶然はない、必然はあると云う言葉が繋がって来るのでしょう。

Adept・Mentor 島津相談室
banner_20090417093348.jpg

見当違い

 2016年に開かれるオリンピックに手を挙げていた日本は、アメリカと共に敗れました。
一生懸命誘致に力を尽くしていた人達には申し訳ないですが、果たして日本の為になるのかな?と疑問を持っていましたし、多分駄目だろうと思っていました。

 何千億もかけて石原都知事の花道をわざわざ作ってあげる必要もなく、そのお金は他に困っている人への使い道が山ほどあるのに、使われないのですからね。
ユニフォームを作り、ビジネスクラスで空を飛び、馬鹿にした話です。
神の怒りを買わねば良いなとさえ思います。
日本人の思考は、もっと深かった筈ですのに。

Adept・Mentor 島津相談室
banner_20090417093348.jpg

祈り

 日曜日は久方振りに良い天気になりました。
何となく何処かからお呼びがかかった様な気がして、府中の大国魂神社に参りました。
年に何度かここへは参詣に訪れますが、この日はお宮参りや七五三の祝祈祷を受ける家族が行列を作り、その中に結婚式を挙げる人達もいて、誠に珍しい位の賑わいでした。

 良いものですね。
裾を踏みそうになりながら一生懸命参道を歩く正装の子供達、嬉しそうな両親達、裾模様の紋服で花嫁の後を歩く御両親など。
昔ながらの神前の儀式に、心の中が温かく溶けて行く想いが致しました。
あぁ、この為に私を参拝に連れ出した神様がいらっしゃるのだと手を合わせました。

 年齢の為だけではなく、この処やたらにイライラして怒りっぽくなるのを押え込んでいたのは、皆お見通しだったのですね。
お陰様で元の私に戻りました。
引いたお神籤は吉、丁度頃合いの運ですね。
宝物殿で徳川十五代の真筆を拝見したりして、良い一日でした。

Adept・Mentor 島津相談室
banner_20090417093348.jpg

しきたり

 春は一雨事の暖かさと申しますが、秋は一雨事に寒くなって参ります。
突然の様に雑草の伸びが鈍くなって、それが気温のせいと思えば人間と同じ様に植物は敏感んなんだと解ります。
放っておいても露草が咲き、彼岸花が咲き、今薄(すすき)が顔を出してます。
よく、自分の顔の出し処を知っているものですね。

 昨日はお月見でした。
ずぼらと多忙とでお団子も作らず、月だけ眺めて幼い頃を思い出していました。
考えてみれば、様々のしきたりをきちんと見て来た様に思います。
昔の親は偉かったのですね。

Adept・Mentor 島津相談室
banner_20090417093348.jpg

鳩時計

 スイスで買って来た鳩時計は、一時間毎に窓から顔を出して美しく啼いてくれます。
昔、亡夫が大きな鳩時計を買って来ました。
親子同じ趣味なんだと、今更に遺伝子と云うものを不思議に思います。
夫の死と同時にどこかへ行ってしまった時計、まるで神隠しの様に消えてしまって。
まさか持って行ったなんて事はありませんよね。
再び聴く美しい声にフッと昔を思い出しました。

 時々、思い出など全部消えれば良いのに等と思う事もありますが、中には穏やかになれる事もあるんですね。

Adept・Mentor 島津相談室
banner_20090417093348.jpg

難しいですね

 足許のフラフラと定まらないヤンチャ坊主の弟子がいます。
育った環境なのか、その子の生来持った性格なのか、博才のある者に憧れ、成長した人間の表面に憧れ、危うい限りなのですが、皆善意で様々のアドバイスをし、些かでも沁みる様願っております。

 それに対して弟子が発した言葉に私は疑問を持っています。
自分のどう云う立場での発言か、若い問題児と同じ次元の発言か、責任感から出たものか、これは国語力の問題、上下関係の問題も絡んで来ますので、師匠の親として師匠の生き方を支えた者として、自覚を促したいと考えております。

 それにしても、ここに集まっておられる方々は皆純粋で温かく、こんな集いは私の永い人世の中でも見た事がありません。
皆、グングン伸びて行き、腹の据わった人間になって下さる事を心から願っておりますs。

Adept・Mentor 島津相談室
banner_20090417093348.jpg

歌の日

 今日は歌の日、雨の中を出かけるのは少々気が重いのですが、行ってみれば色々収穫もあり、気も晴れて良かったと思いました。
呼吸の仕方一つで幾らでも高い声が出るのにいつも驚きます。
また、ベゼーやヘンデル等、難しい曲がずらりですが、一つ「キャッツ」のテーマに歌われる「メモリー」が入っているのがとっても楽しみです。
劇団四季のロング公演で長い間歌われておりますが、歌い出しから好きだったので、これは楽しみです。
と云いながら、肝心の「キャッツ」は観ていないのですが。

 千種会の膿出しも終ったし、10月1日からまた新しく歩こうと思います。
しかし、人間の因縁は気が許せません。

Adept・Mentor 島津相談室
banner_20090417093348.jpg
プロフィール

彌叡

Author:彌叡
神の別魂を持つと言われて幾年。 神ながらの道を歩きつつ、思う事、感じる事を書いて行きます。
御相談はAdept・Mentor 島津相談室のHPの方からお願いします

関連ブログです。
Adept・Mentor 島津成晃の独り言
Adept・Mentor 島津成晃の独り言
霊能者と仲間達
だんな様は霊能力者
だんな様はメンター
島津成晃の見つけた良い物

Amazon
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード
twitter
adeptmentorをフォローしましょう