夏越大祓

 遠方からもお出で下さって、上半期を締める大祓の行事が無事に行われました。
昨年に引き続いて、と云うよりも、今年は金融ショックから大変な荒れ模様の社会、従って気運にも力のない処が増えています。
悪いものは全て祓い、下半期を上昇運に乗せる様、荒行でした。
御出席なさった数十名の方々、必ずこれから流れが変わると思います。
尤も、それには本人の努力が作用する事は忘れないで下さい。
前向きに、意欲を持たないと、神仏も見ては下さいません。
しかし、充実した一日でした。

Adept・Mentor 島津相談室
banner_20090417093348.jpg
スポンサーサイト

能登の海

 日本海の猛々しい荒海をよく描いた「小林和作」と云う画家がいました。
魅入られた様に眺めたものです。
今回、前から一度訪れたかった「輪島」と「和倉温泉」に旅して来ました。
でも、あの豪快な日本海と違い、七尾湾の海は静かでした。
あの画の海は、湾の外、東尋坊の近くだったのでしょうか?

 温泉は身体に優しく、輪島の漆器は長い時間をかけた奥深い逸品で、行って良かったと思う旅でした。
ストレスも消え、また明日から仕事です。
天気にも恵まれた3日間、良い日を送りました。

Adept・Mentor 島津相談室
banner_20090417093348.jpg

クールビズ

 小池議員が提唱して実現したと云われるクールビズ、確かに暑さが些か凌げるかもしれないし、エコにも繋がるのかもしれないが、私は反対です。
私生活は兎も角、国会議員たる者、節度と品位は保って欲しい。
日本人は付和雷同が多くて、力のある者が一言言うとそれに従うのが大義の様になだれをうつ様に一方へ流れて行く。
自分の意見をきちんと持って、TPOをわきまえ、見せかけでない主義主張を表して欲しいと思ってます。
ネクタイをきちんと締めた男は品があって、魅力があります。
私生活に帰ってポロシャツ等に着替えた姿とのギャップがけじめを伴ってより良い男に見えますのに。
自分の立つポジションを認識せず、為に失敗したり悩んだり、反撥されたりしている人が沢山います。
溯れば、教育と云う事になるのでしょうが。
やはり、小さい事から始まって行く様に思います。
私も小言婆さんにならぬ様、気をつけてはおりますが、見過ごせない事にはやはり注意するのが大人の義務かと思うし、放っとけば良いとも思うし、難しい処です。

Adept・Mentor 島津相談室
banner_20090417093348.jpg

お散歩

 一人でぶらぶら散歩に出かけました。
私は一人で歩くのが好きなので、いつも誰も誘いません。
毎日、フルに神経を使っていますから、たまの休日は自分の思う所へ一人で出かけます。
物欲も全然ありませんから、街を眺め、ウィンドウを見て、綺麗なものをいっぱい感じて満足して帰ります。
あちこち、セール・バーゲンをやってますけれど、やはり良い物は良い。
少し値が張ってもそっちを選びたくなりますね。
しかし、30年前、20万程で買ったセーター等も、古びて来ても捨てられないと云う想いも湧いて来ます。
私がこの世にいる間はこのままにしていて、その後処分して貰いましょう。
思い出の一つです。

 成城を一廻りしてパンでも買って帰ろうと思ってましたら、全然存じ上げない高齢者に声をかけられておしゃべりをしてしまいました。
どうも隙があるのか、外出すると必ずと云って良い程、話しかけられます。
変な人は一人もいないのですが。
相手にならないで返事をしないと云うのも失礼ですしね。

Adept・Mentor 島津相談室
banner_20090417093348.jpg

閑院宮載仁親王

 ソファに腰をかけてのんびりしておりました。
何となく周囲を見廻していると正面の壁にかけてある閑院宮載仁親王の書額が目に入って来ました。
亡父の形見の一つです。
父は鼻の下にひげを蓄えておりました。
載仁親王に「島津はひげを生やさないのか?」と仰せられて、生やさないと無礼かと思って生やしたのだそうです。
そう云えば、閑院宮様は立派なおひげを常に指でしごいていらっしゃいました。
それでも、最初の頃は恥ずかしかったのでしょうが、或る日、秩父宮様に「良いぞ」とお言葉を戴き、安心したそうです。
秩父宮様は私も一度家族で拝謁した事がありますが、お背の高いハンサムでした。
どうしてそんな機会が時々訪れたのかは、大人になるまで解りませんでしたが。
この書を拝見している中に色々思い出して来ました。
有難い記憶です。

 静かな昼下がり、思いがけない一刻を戴きました。
天気が良くなったら、一度墓参をして父と話をして来ようと思い立ちました。
何せ遠いので頻繁には行けないのですけど、心は忘れてません。

 もう6月も半ばなのですね。
何処も緑いっぱい、良い季節です。

Adept・Mentor 島津相談室
banner_20090417093348.jpg

世の中が変わる

 土砂降り、雷鳴、夏の終わりの様な凄い雨です。
今時にしては珍しい豪雨です。
何か世情不安で、洗い流すものが沢山あるのかもしれません。

 「だんな様は霊能力者」の本が呼び水になって、HPを読んで下さる方が増えたのでしょう。
毎日の様に初対面の方にお会いします。
一人一人、皆異う社会、世界に生きて頑張り、迷い、大変な人生を送っておられると実感します。
それと、l沢山の方がコンピュータを操り、インターネットを見ていらっしゃる事に驚いております。
世の中、この5年程の間にすっかり変わったのですね。
携帯電話の機能と云い、インターネットと云い、物凄いスピードです。
私は相変わらずペンで手紙を書き、ダイヤルを回して電話をしますが、多分ずっとこのままかな?と思ってます。

 雨で庭の植木は生き生きしてますが、何とも行動が鈍ります。
どうか、時々降って下さい。

Adept・Mentor 島津相談室
banner_20090417093348.jpg

 ビートたけし氏の右頬の硬化や笑っても顔が歪むのは事故のせいと解っていますが、唇の歪みは昔からひねくれ者と云われてます。
育った環境、性格等、色々ありましょうが、麻生総理の唇の歪みはなぜなのでしょうね?
裕福な家に育ち、留学もし、全てを約束されていたのに、理由が解りません。
歯並びのせいでもない様ですし、やはり性格なのでしょうか?
薄い唇で歪んでいると、ノーマルな判断をなさる方じゃないのかな?と思ってしまいます。
小泉元総理も薄い唇で薄情な感じを与え、昔から多分冷たい人なのかもと思ってましたけど、この処ああやはりと思う事が時々あります。

 人相は怖いです。
心のあり様は勿論の事、過去や現在の生き方まで現れますからね。
人に安心感を与えられる様な人相になりたいですね。

Adept・Mentor 島津相談室
banner_20090417093348.jpg

人生で学ぶ事

 私共に勉強にお出で下さる方達は、本当に真摯に学んでおられます。
自分が30代だった時、40代だった時、どんな心構えで生活していただろうと考えると冷や汗が流れて来ます。
今の知恵や認識で当時にいれば、異った生き方をし、違った日常だったかもしれません。
でも、その時々一生懸命だった事は自分で認めてますから、後悔はありませんし、今の若い人達を批判する気もさらさらありません。
その中、解ると思ってます。

 ただ、「馬鹿は死んでも馬鹿。あの世でも馬鹿」と云うのと同意で、何故?どうして?と思う場面が多くあって、口に出したくはなります。
しかし、正論が必ずしも人の心を打つと云う訳でもないので、遠くで祈るのみです。
ぬるま湯状態であっても、烈し過ぎても、その人の世界、人生ですから。

 自分で体験したり、恥をかいたりする事が、身体で覚えると云う事ですものね。
一番、効果があります。

Adept・Mentor 島津相談室
banner_20090417093348.jpg

興味

 深夜のニュースで、自民党の鳩山氏が辞任した事を知りました。
一連の発言は多分にパフォーマンスを感じさせられておりましたが、一応の大義名分は立ってましたから、裏の駆け引きを興味深く見ておりました。
案の定の結末で、場面の裏の様子がありありと分かりました。
途端に、あぁ今度の選挙も棄権しようと思いました。
どんな思い入れで投票しても、所詮政治家のする事は百年少しも変わってないからです。
一鳩山氏の問題ではありません。
信義と誠実で毎日真剣勝負の仕事をしている者に取っては、茶番や駆け引きは全然価値がありませんのですよ!!

 気温が急に上がって、体力がないと些か疲れますね。
近くの区民館で行われているシルバー向けのソーシャルダンスのレッスンを見て来ました。
皆、楽しそうで、フレアースカートの裾を翻して、柔らかいダンスシューズで良い雰囲気でしたが、ちょっとあのお仲間には入れないなと思いました。
人間、相性ってあるんですよね。
若い頃なら、無理にも合わせようとしましたけど、もう自然に生きたいので。

Adept・Mentor 島津相談室
banner_20090417093348.jpg

意識の違い

 歌を唄う事は開放感もあり、運動の要素もあり、まずは楽しい事が先にあります。
私の様な年齢の者はそれが一番大事で、俗に云う「気晴らし」もあり、声が出ると云う喜びもあり、メロディの楽しさもあります。
教えて下さっている先生は、コンサートの企画をなさり、そう云う目的があると上手になるスピードが早まるとおっしゃいます。
でも習っている、多分90%の人は、ちょっと違うと思っている様です。
目的は楽しい事であり、人の評価を得る事ではありませんので、ちょっとしたゼネレーション・ギャップなのか、プロの音楽家と素人の感覚の異いなのか、つきつめて考えようとも思いませんが、思っていた通りの感じで続けられたらと思います。
世界中の名曲に触れられる喜びと楽しさは、規制があると半減します。
勿論、私、9月6日のコンサートは欠席です。

Adept・Mentor 島津相談室
banner_20090417093348.jpg

真面目

 万能ねぎを一束買って来ると、根から3㎝位を切り取り、その根を庭に植えておきます。
一週間位経ちますと、3人家族、ざる蕎麦の薬味に充分な程伸びて来て、香りの良い、柔らかい葱が青く伸びてくれます。
全く健気なものですね。
拗ねて、枯れてしまっても良いのに、生命力を振り絞って何度も何度も立ち上がってくれます。

 前世のトラウマを解消して貰った青年が、今までの人相とガラリと変って素直な生来の純粋な顔になりました。
人間も植物も同じだと思いました。
万能ねぎの話とは全然異なりますが、トラウマがなくなって、現世で気にしていた事が消えると、人間ってこんなに美しいものだと、目前で起きた事に驚きました。
でも、これも本人の意識が大切ですね。
人格の為に、そして自分の生き方の為に、真剣に考え、魂を預けられたから出来た事!!
真剣になれなければ成晃も手を付けないし、「自分流に生きれば?」と傍観するでしょう。
持って生まれた真白な魂がそれを望んだのだと思います。
乱杭歯で笑う顔も、可愛く見えました。
人様の役に立つ事を無上の喜びとする、「仏」に近い心と見ました。

Adept・Mentor 島津相談室
banner_20090417093348.jpg

アルフレッド・ハウゼ

 二ヶ月前にチケットを買っていたコンサートに、今日7日行って来ました。
昔懐かしいタンゴ、「アルフレッド・ハウゼ」の演奏です。
始まった瞬間、数十年前の光景と音が甦って来ました。
永く生きて来て色々あったけど、この音楽に浸っていた頃を思い出して一挙に20才代の心になっていました。
何となく瞼が熱くなって来て、何も悲しくない、辛い事もないのにこの想いは何だろうと思いました。
聴衆は殆ど頭の白い年配の方達、皆その頃を共有しているのですね。
満員の客席にも驚きましたが、流れて来る気が同じなのにも驚きました。

 知らない曲が一曲もないと云う事は、何十年と同じ曲を演奏している楽団だと云う事ですね。
二代目の指揮者と名乗った人は初代と同じ動きをしていましたが、初代の方がもう一寸エレガントだったかな!!
一言聞きたいなと言った言葉に、すぐにチケットを取ってくれて一緒に行ってくれた息子夫婦の優しさにも感動です。
懐かしい曲をしっかり聴いて、アンコール曲も楽しんで、何か私の心の中に瑞々しい気が湧いて来たみたいです。
やはりタンゴを踊りに出かけてみようかしら。

Adept・Mentor 島津相談室
banner_20090417093348.jpg

雨に思う

 もう梅雨に入るのでしょうか?
恵みの雨と申しますし、絶対に必要な水ですが、雨が降る日は出足がどうしても鈍ります。
若い時は平気で、冗談に身体に石鹸を塗って外へ出れば綺麗になる等と笑ってましたのにね。
雨が降ろうと雪が降ろうと、毎日キチンと通勤なさる方達を尊敬致します。

 花々が輝いて咲いております。
まぁまぁと驚く程、沢山の種類があるものですね。
浮気花と云われる紫陽花が今年も咲き始め、季節を忘れず、その時期に忘れずに咲く事にも、また素直に驚きます。
と同時に、一日一日ちゃんと時が過ぎて行き、一つずつ年齢を重ねてしまう。
個人の想い等、その中では本当に取るに足らないものだと思います。
どう生きても一日が終わるって怖いですね。
後悔は地団駄踏んでも取り返せないですから。
その日を一生懸命生きるしかないのですが。
人間は未熟ですから、何処かで誰かに迷惑をかけているかもしれず、四方八方気を配れと云うのは小さい事ではなく、もっと深い意味に取らねばと、誕生日が近づいた今日、雨の日考えた事でした。

Adept・Mentor 島津相談室
banner_20090417093348.jpg

代謝

 年々、代謝が悪くなって、食べた物がそっくり脂肪になってしまいます。
若い頃は幾ら大量に食しても、いつも40kg台だったのに、クッキー一枚がピンと体重にはね返ります。
運動で補わなくてはならないのでしょうね。
プールの歩き、ヨガ、太極拳、色々勧められますが、楽しくやれるものでなければ到底長続きせず、理屈をつけても止めてしまいます。
結局は音楽を伴う運動となりますと、ダンスですね。
ジャズダンスはちょっと厳しいし、最近のソシャルダンスは激しさを美と思っている様な所があって、教習所に行く気にはなりません。
昔のスロー・スロー・クィック・クィック・スローがあればなぁと思います。

 でも大切な事を忘れていました。
近年、殊に他人に身体に触れられる事が嫌なのです。
だから幾ら勧められても、「エステ」など真っ平!!
マッサージ、フェイシャルも全くやって戴きたくないのです。
段々、大昔の自分に還って、空に一人下を見下ろす心境になって来るのかも。
と云う事は、寿命が近いのかな?

Adept・Mentor 島津相談室
banner_20090417093348.jpg

孤独感

 孤独って淋しいですか?
自由で良いですよ。
誰にへつらう事も不要、自分の心を定めて揺れなければ、周りの騒音は気になりません。
これは自分次第。
私は群衆の中の孤独感が自分の生き方だと思っています。
人様への配慮や慈愛は、当然誰よりも強く持っていると、自分の心の中で確信しておりますし、人様から受ける温かさも充分解って嬉しく思ってます。
でもそれとこれとは別。
常に自分は一人です。
だから淋しいなんて思った事もありません。

ただ、周囲の空気が変ると、時には少し動揺もします。
例えば身内の死、子供の結婚等、喪失感も充分にありますが、風が収まると、あぁ、自分はここにいると思い、以前の自分に還ります。

 母の陣痛を経て一人で生まれて来て、周囲の様々な気遣いを受けながら成長して、再び一人で彼岸に旅立つ。
当り前の事ですものね。
人への感謝と、この想いは別だと思ってます。

Adept・Mentor 島津相談室
banner_20090417093348.jpg

どくだみ

 どくだみと云う植物は繁殖力が強くて、臭いも驚く程強烈です。
湿地に増えると云う事もあり、先入観念で嫌な感じを持っておりましたが、ここ2~3日続いた雨の中に真白な花がひそやかに咲いていて、何とも美しいと思いました。
そもそもは薬として用いられていた植物。
この強い生命力と強烈な臭いで人に遠ざけられて来たものでしょう。
十字の様な純白の花を摘むのがちょっと憚られて、暫く花が終わる迄、待つ事にしました。
家の廻りは、白い花壇が出来ています。

 ちょっと放ったらかしにしていたのに、健気に花を咲かせたシンビジュームも沢山の花盛りです。
何て良い子達なのでしょう。
それに加えて、昨年戴いたもう一つの蘭が、またまた蕾を持ちました。
エラい!!
人の手を借りずに、太陽と雨の力を充分に吸収して、一人で成長して行くのですね。
私も見習わなければ。
大和撫子世代なのですから、自分の事は自分で頑張りましょう。

Adept・Mentor 島津相談室
banner_20090417093348.jpg
プロフィール

彌叡

Author:彌叡
神の別魂を持つと言われて幾年。 神ながらの道を歩きつつ、思う事、感じる事を書いて行きます。
御相談はAdept・Mentor 島津相談室のHPの方からお願いします

関連ブログです。
Adept・Mentor 島津成晃の独り言
Adept・Mentor 島津成晃の独り言
霊能者と仲間達
だんな様は霊能力者
だんな様はメンター
島津成晃の見つけた良い物

Amazon
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード
twitter
adeptmentorをフォローしましょう