残念

 鬼の霍乱と云うのか、突然の発熱で体温計を見て驚きました。
楽天家で元気なだけが取り柄なのに、急に青菜に塩。
でも、そこは昔取った杵柄と云うより門前の小僧。
マイシンに解熱剤、消化剤を飲んで2時間、どうやら乗り越えました。

 明日は空手の審査会を見学に行こうと思っていましたが、残念ながら取り止めです。
一日だけ安静にして居ようと思います。
空手は良い!!
ちょっとした悩みや不調は飛んで行く様です。
訓練にもなり、上下関係の認識にもなり、やはり武道は良いですね。
スポンサーサイト

流れる日

 亡くなった実弟の誕生日が孫の誕生日と一緒だったり、妹の誕生日に夫が亡くなったり、我が家は何か因縁の糸があります。
父はお不動様の日に没し、母は秋の彼岸に去りました。
誰かに慕われ、誰かに呼ばれるのでしょうか?
後一ヶ月少々で新年が参ります。
今は満年齢ですが、でも気持ちはまた一つ年を加える様な思いが致します。
年を重ねた分だけ智慧も深くなったら良いのですが、そちらの方は中々希望通りにはなりません。
却って一つずつ減って行くのかも。

 それにしても今年は大変な激動の年でした。
強い者、志のある者は生き残りましたが、まだまだ世は鎮まりません。
元気で新しい年を、希望を持って迎えたいと思います。

くり言

 新宿からの帰り道、二・三人で毎日心穏やかな日を過ごせるかと云う話になりました。
それぞれ病気の御主人がいらしたり、二世帯住宅だったり、自分の為だけの時間を持てている方は少ない様です。
当然、波立つ心を抑える時もあり、苛々する事もあって、それを表に出すのは自分のプライドも許さず、修養ですねと云う結論に落ち着きました。
分別のある熟女達です。
どこのお方も色々な問題を抱えているものです。
他人に話をして片付く事等ないでしょう。
精神面、身体面、何れの愚痴も人様に話するべきではないと云うのが、私の持論です。
話をして少しは楽になるのでしょうか?
反対に人に気を遣わせるだけで、無意味だと今迄も何回か申しておりますが、歌唱の方達にはそれがスッキリ全然なくて誠に爽やかです。
千種会でもそうですが、他人のプライバシーには立入らないと云う姿勢が、私の感性に合っていて、どちらの会も続けられそうです。

うた

 今日は水曜日、歌唱の日で出かけました。
体調が悪いとてきめん声が出ません。
でも最初の発声練習で何となく歌える様になるから不思議ですね。
プッチーニのトスカ第三幕「星は光るぬ」
これは難しい歌でした。
メロディーもさる事ながら、訳詞が故堀内敬三氏ですから、非常に古典的で格調の高さがこれまた難題です。
最後まで漸く歌えて、何か嬉しくなりました。
何十年も何百年も残っているものの価値が解って来ます。
何でもそうですね。
本物はずっとずっと残って引き継がれて行くものだと思います。

古い写真

 ふとした気分で本棚の整理をはじめました。
昔から何閏年も集めて来たアルバムがセピア色になったのも含めて何千枚も久方振りに見ましたが、そろそろ処分しようと思って居ります。
ヨーロッパは今思い出しても懐かしく、元気だった夫と撮った写真は夢を見ているようです。
ハワイは熱海銀座の様だと言った事を思い出し、サイパンは成仏しない英霊の足音が聞こえたのを思い出し、自分の歴史を確かめました。
お茶席の気取った写真もあります。
自分の姿を残すのは厭なので処分します、と云っても幼かった頃の様に庭で焚き火が出来ない時代ですから、シュレッダーですね。

 私の両親も兄弟達も、晩年私と同じ想いを持ったのかもしれません。
私の許にはそれぞれの数枚の写真しか残っていません。
残っていても残っていなくとも、写真は様々に想いを起こさせるものです。
こんなに沢山の写真、全部処分するのに何にかかるか解りませんけれど、一つ仕事が出来ました。

結縁灌頂

 23日、4名のお弟子さんと成晃、そして守って下さる大日如来とそれぞれに御縁のある仏との結縁灌頂の儀が執り行われました。
普通、高野山寺で参拝者に行うものとは異なり、何年もここに通って来てある線までの修行が出来、その才能もあり人格を認めた人にだけ行う様にしておりますから、大きな関所です。
ここから人としても社会人としても弾みがつきましょう。
私は宇宙の光を沢山この方達に浴びて貰おうと思います。
どんどん大きくなぁれ!!
どれだけ大きくなって行くか、とても楽しみです。

負けず嫌い

 今日は見知らぬ老婦人とつい徒歩競争をしてしまいました。
花谷に寄ってフリージア等を買い、出て来ましたら目の前を銀髪の御婦人が颯爽と通り過ぎました。
別に負けまいとした訳ではありませんが、同じ様な足並みになってしまい、家に着く50m程の所で私が追い抜きました。
どちらも淡々と振り返りもせずに歩きましたが、天気も良し、目標があって急ぐのもちょっと刺激的で面白うございました。
年寄りの冷や水、または負けず嫌い、どちらも当ってません。
だらだら歩いて辿り着くのが日常の様になってましたが、ちょっとスピードを出すのも疲れないと言ったら嘘ですが、中々悪くないと思いました。
どちらの奥様か存じませんが、ごめん遊ばせ。

 寒くなって来ました。
お風邪を召しません様、陰ながら祈っております。

夫婦の影響

 色々な御夫婦に会います。
老いた夫婦、新婚夫婦、中年夫婦、長い付き合いの方々は大抵夫の、または妻の影響を受けて、一人でいた時の考え方、習慣、希望をも皆変わって来ているのが顕著に見られます。
その影響なのですが、一方的に自分流にしたい形は誰方にもあるらしく、しかしそのやり方が色々異うだけの様です。
優しくされると情に自然にほだされて、それが自分の元々の考え方の様に思ってしまう様な高度なテクニックを持っている人もあり、また短期間に流れを作ってしまおうと焦って、何も変わらない下手な人もおります。

 そう云う方達を私は上から横から斜めから眺めておりますが、感じる事の一つに自分を見失わないで欲しい。
自分を否定しないで欲しいと情だけで変わって、本来を失った人を沢山みております。
「大切なもの」を自分でしっかり抱いていて欲しいと痛感します。

頑張れ

 20数年間、ずっと通って来ている青年が何人かおります。
これだけ長くなりますと、その人の人生そのものが他人事ではありません。
その中の一人が今度老舗の会社の正社員になりました。
感性が鋭く、また純粋過ぎていい加減な事が許せない性質なので、度々転職した原因も人間関係のトラブルでした。
今漸く最も彼に合った職場に縁が出来、今2年間の研修や契約を経て正社員に登用されました。
安心して仕事ぶりを見て行こうと思います。
何よりもご両親のお喜びを察して、彼の今後の幸せを祈っております。
自分に合う仕事に就けると云うのは、ありそうで中々ないものです。
皆、どこかで妥協したり我慢を重ねる人が多いものですが、あちこち就職した挙げ句、最も相応しい職に就けたのも、どんな時も一生懸命だった生き方が認められたものでしょう。
一生懸命、純粋、真摯、配慮、私の好きな言葉です。

パソコンってもの

 一寸した文字の垣間違いで私が病気になったと思われた方から、突然お電話等を戴き、ブログの威力に驚きました。
大変、ご心配をかけました。
また、有り難う御座居ました。
電話口にいつもの様に出た私に、幽霊かと思われた方もあった様で、ヤレヤレです。

 しかし、コンピューターの世界は怖い!!
こんな事だから笑い流せますが、もし国と国との問題だったり、人を陥れる方法だったりしたらどんな騒ぎになるのでしょう。
私はパソコンを扱わないのは、その微妙な違和感です。
携帯電話も同じです。
こんな世の中、パソコンに携わらない「負」の部分は大きいとは思いますが、私はやはり死ぬまで、肉声と対話を向かい合ってやって行きたい。
人間同士の息吹を直接感じて生きたいと思うのです。
学んだ学部は工学部、電気通信科なのですけどね。

 私には前世も後世もありませんが、それでもひょっとして強い念を以て生まれ変われたとしたら、同じ工学部でも、建築家で手作りの家でも造りたいですね。

継続

 格言に「継続は力なり」とありますが、ただ続けるだけで努力らしい事もせず、のんべんだらりとやめないでいると云うのは、力になっていないと思います。
それは「やらないよりはまさい」と云う程度で、評価する値打ちもありません。
勿体ないですね。
自分の血や肉にしようと云う想いがあるのであれば、出会いお幸せを感じて学んでいかねばとつくづくこの節思います。

 私の場合、世界の各曲を習い出してほぼ一年になりますが、出なかった高音が出て来る様になったとか、喉をしぼらなくとも呼吸一つで声が出るとか、各々思いがけない収穫がありました。
腰が据わり、背筋が伸びて背筋が強くないと歌は唄でしかなくなるのですね。
全く運動をしながら習っている様で、健康を実感します。
暫く継続して楽しみながら学びたいと思っております。
教わっている先生のソロ・コンサートが先日ありましたが、ロングドレスからでもおみ足をしっかり踏ん張って歌っておられるのが解りました。
「ローマは一日にして成らず」ですね。
継続するからには、真剣に取り組みたいと思います。

今年も後少し

 気温が毎日下がって暖房が欲しい11月も丁度半ば、後45日で大晦日が来るなんて本当に今年は早い流れでした。
ただ、今年は目まぐるしく色々な御相談があって、人生の全てを見た様に思う程、あらゆる事をお聞きしました。
全く人が生きて行くのは修行としか、言い様がありません。
処理や判断を誤ると、小さな事でも広く影響を及ぼします。
まだ芽の中に承るとタイミングを間違えるときちんと対処出来ますが、本人達の勝手な思い込みや軽薄な自信で結論を出すと修復出来ない状態を招きかねません。
現に何件かそう云う事象を今年は見ました。
可哀想だけど、自業自得ですね。
引き出しの少ない人は、その足りない分を埋める努力をしながら識者にきちんと教えて貰う事です。
長い人生を生きて来た者は、色々な後悔があるものです。
だから若い人は失敗させたくない、成功させたいと願うものなのです。

素敵な夫婦

 訪れて来られた若夫婦は、私の大好きな2人です。
何よりも礼儀が正しい。
育ちの過程のせいか、はたまた本人の自覚か、わざとらしさのない本物の心得を持っていて、とても気持ちが良いのです。
従って、申し上げる事もスッと自分に取り入れる素直さと繊細さと柔軟性があって、「あぁ、こう云う若者が増えたら、日本は良い国になるな」と思わせます。

 皆、良い処は必ずあるのに、自分で潰したり、隠したりしていて、魅力のない人達が妙に突っ張っているのを見ると、勿体ないなと思います。
迷いながら、悩みながら、道を見つけてしっかりと歩いているこの夫婦のこれからが、とても楽しみです。

一周忌

 徳淳と云う名に誇りを持っている青年がいました。
母国でも中々付けてもらえない、格の高い名前を父が付けてくれたのですと澄んだ眼で言っていました。
父への尊敬と、自分の生き方を解って欲しいと云う想いが伝わりました。
今日は、その青年の一周忌です。
最後の電話を私が受話器を取って聞きました。
聡明で純粋な、息子に考え方の似た青年のあの声を忘れません。
安らかに眠って下さい。

安易な友情

 悩みのある人に言葉をかけるのは、よくよく配慮せねばならないと頓にこの頃感じます。
最近の青年達に折々感じるのは、言葉をかける事が友情と思っている様子です。
かけて欲しい時と、そうでない時のタイミングは誠に難しいものですから、安易に聞かない方が良いと思います。
本当に相談をしたい時は、本人が自分の口で言うでしょう。
大人としての配慮と洞察力が必要ですね。

境目

 9日は千種会の月例会でした。
みんな、高齢者ですから故障者も多く、でも半数は必ず出席なさいます。
思うに、70歳位を境に元気に行きて長生きする人、あちこち病気や怪我でどんどん衰えて行く人に分かれる様に見えます。
千草会だけではありませんね。
一般社会でも、その位からあちこちの不調を訴え出す人が多く、元気な人はウォーキングを始めたり、ヨガを始めたりしてますから、これは今までの生き様と本人の心がけから出て来るのだろうと、この頃見ております。
人に不快な想い、憐れみを感じさせぬ様、身だしなみを調え、明るく美しく過ごさねばとつくづく感じています。

 人を信じないと云う人間がおります。
自分では、それをも解っていない感じがしますけれど、その人を見ていると何か哀れに見えて来ます。
無闇に人を信じなさいとは云いませんが自分に人を見る眼があったら、確かめて信じるに足る人かどうか解って来ますよね。

要するに人を見る目がないと云う事に繋がりましょう。
自分を本当に案じてくれる人の事すら信じられないと云うのは、その人が育った環境や身内の者が、そう云う生き方をしていたと云う結果でしょう。
心を開かねば人を見る眼は開きません。
この頃、何人かそう云う人を見て、あぁ可哀想な人と感じております。

日本の食品

 一時、食品に薬品が混入されていた事件以来、やはり国産がと云う思いもあって、つい岩手産、長野産、栃木産とかに目が行ってしまいます。
そうやって見ると、中国産とかインドネシア産とか、本当に外国産の食品が多く輸入されているのですね。
海老でもイカでも、国産の天然物の少なさに驚きます。
知らないでロシアのものなど食べていたのだと思って、地球は狭いなと思います。
様は安全で美味しければ何処産でも良いのですが。
出来れば、日本米、日本の野菜、お肉も全て国産で生活したいですね。

子育て

 人間は自分の子供を持って初めて親の苦労が解ると云います。
子育ては並大抵の作業ではありませんものね。
おまけに、子を見ると親が解ると云いますし、お育ちも解ります。
毎日の様に若い人達が来てくれますが、その挨拶・お茶の飲み方・座り方・言葉遣い、全て育ったお家風の様に思えます。
環境が人間を作る部分が大きいと思いますと、責任が思いですね。
ゆったりと大きい子を育てたいものです。

東北への旅

 秋の奥羽山脈は紅葉が美しく、斜めに伸びた日本列島の移り行く秋を実感致しました。
狭い日本と云われても、段々と変え行く四季は結構時間もかかって、折々楽しめます。

 上杉神社は色々な人の銅像が建立され、松岬神社には上杉鷹山公の巨大な座像が造られておりました。
財政匹迫と伝えられる米沢は、その昔と同じく上杉鷹山公に頼って、節約と繁栄を学びながら実行している様でした。

昔の文学少女

 学生時代から皆と同じ様にしなければいけないと思っての事か、「源氏物語」や「十六夜日記」とか「ロシア文学」等を読み耽った頃がありました。
ギャグの様に、私は可愛い女よ、テェーホフの言う様にとか、赤と黒のブルースよ等と話し合って友人とさも文学少女みたいな会話を交わして楽しかったものですが、今や小説の中身は全部忘れてます。
見事に忘却の彼方ですが、一つ良い事はそれぞれのエッセンスが身に沁みている事です。
色々な情緒や言葉が折々に頭に浮かびますし、「タラ」と云えば黒人の姿が想像出来るのは、消えずに残っている様です。
読み返そうとは思いませんけど。

御念珠

 40年、毎日使っている御念珠の糸がほつれて来て修理に出しました。
出来て来るまでの10日間、何かとても寂しい気がしました。
小さな菩提樹が百八粒寄り添って組まれたこの御念珠で、妹を送り、母を送り、父を送り、そして夫を送る為に掌で祈った大切な数珠です。
もう黒光りして年期の永さを現していますが、戻って来たこの御念珠を後何年か分りませんが、大切に大切にくって行こうと思いました。
その後は分りませんが、誰が使うのか、私の胸に抱かしてくれるのか、沢山の思いがこもった宝です。
プロフィール

彌叡

Author:彌叡
神の別魂を持つと言われて幾年。 神ながらの道を歩きつつ、思う事、感じる事を書いて行きます。
御相談はAdept・Mentor 島津相談室のHPの方からお願いします

関連ブログです。
Adept・Mentor 島津成晃の独り言
Adept・Mentor 島津成晃の独り言
霊能者と仲間達
だんな様は霊能力者
だんな様はメンター
島津成晃の見つけた良い物

Amazon
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード
twitter
adeptmentorをフォローしましょう