生命力

 三年前、小さなボサ菊の鉢を買って来て、花の集団の様な美しさを何日か見ました。
枯れた花を庭に植えて、もう忘れていましたが、今秋倍の大きさに華やかに咲きました。
緑だけの庭もホッとしますが、そこにピンクの花の集団が一ヶ所出来て何とも美しいものです。
植物の生命力は凄いです。

 一方、私の怪我をした脚も急速に良くなって来て、「薬」や「気」の力を借りながら、治癒能力に今更に驚いております。
神は人間を創りたもうた、そして自然の色々な能力を与え賜うたと、心から思います。
動物も植物も、その恩恵をただ享受していたのかもしれません。
一日々々、もっと大切にせねばと思います。
スポンサーサイト

余り楽しくない話

 今、離婚の話を聞いているのが3件あります。
夫婦と云うのは元々他人だった訳で、離婚をしてしまえばその日から他人に戻ってしまうんですよね。
大人は自分の意思で決めるのですから、その後の人生を新しく生きるつもりでしょうけど、子供は々考えれば良いのでしょう?
酷な話です。
誰もが成る程と納得する理由があるなら致し方ないでしょうが。
それでも犠牲になってしまうのは子供ですよね。
仲の悪い両親の喧嘩を見て、情緒不安定になるのも困ります。
本当に人間の感情とは難しいものです。
どちらも大人じゃないのですね。
それとも悧巧になり過ぎているのでしょうか?

心得

 今日、社内面接のアドバイスを先生に戴きたいと一人の青年が来ました。
と、横から物知り顔に口を出し、あれこれ発言する人間がいつもの目立ちたがりを露呈しました。
「青年は先生のアドバイスを聞きに来ているのです。」
自分が出しゃばる場面ではない事も気がつかないその無知振りに、注意をする気もなくなりましたが、全く社会人の認識、礼儀を心得ないも甚だしいと情けなくなりました。
自分が依頼された事もきちんと伝えられず、恥ずかしい事です。
他人の前で恥をかかせたくないので申しませんでしたが、よくよく考えて欲しいと強く思いました。

覚悟

 新たな選択をする時、そして新しい生活が始まる時には、「覚悟」が絶対必要であると、最近色々な人間像を見て、考えております。
結婚でも創業でも、「覚悟」をせずに何となく始めた者の生き方は、筋が通せない、根性が無いと、第三者が見ても歯痒いものがあります。
決心したら覚悟が必要。
オタオタしている何人かを見ていて、そう言いたくなります。
他人の私が言う筋合いではありませんから何も申しませんが、肝を据えなくては良い人生は来ませんね。

コンサート

 今日は「世界の名曲」を教えて戴いている先生のリサイタルでした。
千駄ヶ谷はちょっとした思い出のある町ですが、駅前の津田ホールです。
先生のソプラノは良く聴いておりますが、今日はドレスもメーキャップも特別で、普段から美しい方ですが、輝いておられました。
歌に情緒があり、艶があり、久方振りに歌を堪能した想いです。
もう一つ、ピアノ伴奏をして下さった方は、現在の日本で超一流の方だそうで、本当に引き込まれました。
でも、お顔はジャッキー・チェーンそっくりで、何か楽しい感じでした。
良い一日でした。

過ぎてしまった十か月

 カレンダーを眺めておりますと、時の流れの早さに愕然と致します。
十ヶ月の間、自分は何かをやれたのかどうか、一日一日きちんと生きて来たつもりでも、何かをやったと云う確かな手応えもありません。
漫然と日を送った様で、悔いが残ります。
酷い暑さで倦怠感がずっとあった様に思いますが、毎月、又佛様に関わる日、皆に会えて色々な話をしているのですね。
荒波が押し寄せる様な激しい年でした。
もう少し気力を持って進みましょう。
自分への戒めです。

アドバイス

 素質のある者は、早く伸ばしてあげたくなります。
その為に鋭く見つめていると、欠点も見えて来ます。
この欠点が無くなればグッと伸びると思えば、口に出したくなります。
見込みの無い者には何も言いませんが、勿体ないなと良く思います。
やはり人は耳に心地良い言葉が好きですものね。

 年齢を重ねた者は、色々な事を知っております。
でも、その重さは若い時には見えません。
自分が年を重ねた時、初めて解る事が沢山あります。
きちんと一生懸命生きて来た者のアドバイスは、聞いていて損はないと思います。
月2回ある歌の会で、皆さんの話を聞きながら色々感じた次第。

本気でやりましょう

 引力の関係でと冗談を云いたくなる程、身体の状況が下へ下へと落ちて来ます。
健康も化粧も頓着しない性格ですが、余りお肉が下に下がると歩行にも行動にも差し支えて来ます。
今更逆立ちをしてみても元には戻りません。
やはり運動で引き締めるしかありません。

 今日、新宿を三時間歩き通して来ました。
気温が高かったせいで汗をかきましたが、これ位の汗では体重に影響はない様です。
時あたかも紅葉の季節、今まで知らなかった辺りの紅葉を訪ねてみようと楽しみながらのダイエットを考えついて、単純な自分が可笑しくなりました。
少し本気になります。

再び、ちぐさ会

 ちぐさ会は、原則として江戸時代の歴史や文化を学ぶ会なのですが、時として第二次世界大戦の折の苦労話や近藤勇達一連の新撰組まつり等の話が飛び出して、今も残るその活動振りに驚いたり致します。
でもそれが、現在の人間を作っているのだと、沢山の歴史を知る事に満足しております。
余りにも多くの出来事がそれぞれにあって、自分一人が歩いて来た道の苦労など、微々たるものに思えて来ます。
広くて深い会です。
11月は「江戸時代の洋学者たち」の御発表で、楽しみです。

又々、健康

 友人の一人が怪我をしたと知らせが入りました。
骨折だと聞いて、若い人と違い、高齢者の骨の脆さを知っておりますので、心配をしております。
カルシウムだけではなく、運動も食事も全て気をつけないと、丈夫な身体は出来ないのですね。

 朝、時々サボりながらそれでもなるべくやっている自分流の体操をしながら、「継続、ケイゾク!!」と唱えました。
自分の身体は自分で守らなくては、誰も守れないのですから。
病気をしたり、怪我をしたりすると、一番辛いのは自分です。
ならば、人に心配をかけたりするのも厭ですが、楽しく暮らす為に気をつけねばと思います。

 私共でお祀りさせて戴いているのは、天御中主神、天津神、国津神の神々であります。
毎朝神水をを替え、手を合わせる度に豊かな想いに満たされます。
人間がどんなに頑張っても足許にも近寄れない光だからこそ、清いと考えております。

 私共の庭には五本の榊の木があります。
漸く青々と葉を付ける様になりました。
皆、気持ちの良い神社に参った時に土から一寸芽を出しているのを戴いて来て植えた榊です。
漸く枝を切って神棚に供えられる様になりました。
十年かかりました。
先日も静岡の日本武尊を祀る草薙神社で、5㎝程の苗木を戴いて来ました。
大切に育てたいと、毎日鉢を見ております。

あきらめずに

 継続は力であると賢人は良く申します。
人間誰しも怠け心がありますし、また日常的に様々の用事がありますから、一つの事を仕上げようと思ったら無理をしてでも時間を作る事ですね。
昔、ちょっと弾けたピアノもすっかり指が動かなくなりました。
運動のつもりでまた始めましたが、楽譜の何処を見ているのか目がチラチラしたり、キーを二つ一緒に押してみたり、ブランクは大きいです。
でも、指の運動は全身の血流も良くすると申しますから、簡単なアベマリアでもゆっくり何度でも弾いてみましょう。
頭脳の為にも。

健康

 徳川家康は胃癌で亡くなったと云いますから、昔からあった病気なのでしょうが、最近とみに家族が癌であると云う話を多く聞きます。
その昔は結核が死病と云われましたが、癒った人も多く、医薬が進歩して嬉しい事の一つです。
早く癌の特効薬が発見されないものかと待たれます。
とは云うものの、空気伝染の結核菌とは違い、体内での様々な変化ですから、デリケートな身体を痛めぬ様、精神的にも気をつけねばなりませんね。
健やかに人世を全うする、これが一番修行かもしれません。
全ての癌の患者さんが早く癒られます様に。

東照宮

 静岡県久能山の東照宮に一度行きたいと思ってましたが、やっと念願が叶いました。
徳川家康が逝去なされた時、一度は久能山に埋葬しながら、一年後に何故日光に移したのか、その本当の理由を知りたかったからです。
行ってみて納得しました。
やはり江戸時代の徳川氏は綿密な計画をして、江戸を護る東北の鬼門の地に、そして相応しい広大な土地に東照宮を造らねばならなかった事を実感しました。
それを実行した二代三代の将軍の想いも伝わって来ました。

 三河は良い処ですが、天下を治め、権勢並ぶ者のなかった将軍が眠る場所ではなかったかもしれません。
以前から調べている黒衣の宰相天海を、また詳しく調べたくなりました。

成仏

 御遺族の願いで亡くなられた方の御成仏を念じさせて戴く事が良くあります。
読経の間に御魂が上にあがって行かれるのを合掌してお送り致しますが、それはハッキリ解ります。
霊能者でなくとも、心ある者、そして御身内にはその実感がいつも感じられます。
その度に「成仏法」の偉大さを思いますが、これは誰でも出来る事ではありません。
私も何回も立ち会わせて戴き、御一緒に合掌してお送りしましたが、それは「良かった」と云う思いで一杯でした。

 ところが今回、その瞬間御魂が私の身体を通って行かれたのをハッキリ実感したのです。
大体私は神系の人間ですので、余り身体の中に飛び込まれる事は少ないのですが、透明な御魂は私の身体を通って上がって行かれました。
予期していない私の身体の方はかなりショックを受けましたが、それよりも上がって行った神の御魂を見送れて、しーんとした想いが消えません。
本当に良かったと思っております。

 この2~3年、暦が変わって、どうも解り難いと思っております。
10月10日は昔から体育の日でしたのに、第二月曜だと云いますし、代休が重なったりして、全然暗記出来ません。
尤も、大々的に変えたのは徳川家康だと申します。
だから、今の暦は信じられないのだと聞きました。
そうなると、悪いとされる厄年だとか、節句とか、彼岸とか、みんな変わりますね。
人が生きている限り、また後の世でもある事でしょう。
頭から細かい事は吹き飛ばして、楽しい人世を送りましょう。

 人の念とは誠に恐ろしいものだと思いました。
ロス事件の三浦被告が自殺したと云うTVの報道を見ていて、その顔に殺された一美さんの顔がハッキリだぶって見えました。
サイパンを発つ時から肩の辺りに陰が見えておりましたが、死亡記事でハッキリ卵形の一美さんの顔が解りました。
今、漸くその御霊は日本に帰れるでしょう。
人の想い、念と云うものは簡単なものではありません。
私は人を呪いませんが、念は非常に強いと思っております。
これを良い方に使いませんとね。

魅力

 一見、格好の良い人、頼れそうな人の中にもよくおります。
やる気のない人、負けん気のない男、全然魅力がありませんね。
この頃そう云う男性が多いと、有名な学者が言いました。
私もそう感じてます。
そんな人が神仏に手を合わせる後姿を見ておりますと、そう云う根性のない人からオーラは見えません。
何年、何十年修行していてもです。
素の自分の中に重く光る珠を持っていないのでしょう。
イケメンの魅力等とは全然異質の、本物の魅力が表に出る為には、自分の心の中の珠をしっかり磨く事だと、この頃とみに思います。

富士

 富士山はまぎれもなく日本の名山です。
東名高速道を走って静岡県に入ってすぐ目の前に迫って来たその姿に圧倒されました。
まだ冠雪していませんが、本当に美しいと思います。
間近に見る山は、どの山も怖い程存在を感じさせられますが、富士は特別です。
何もいじらず、そのままそっと大切にしたい山です。
でも現実には、霊園があったりスピードウェイがあったりして、山は怒らないのかな?と思います。
今日も沢山の人が富士を見る為に集まっておりましたが、私の悪い癖!!清い物を潔いままにしていて欲しい、またまたそんな事を考えてしまいました。

名曲を歌う会

 10月からの新しい歌が決まりました。
オペラの「トスカ」プッチーニの作品です。
それに、メンデルスゾーンの「歌の翼に」「昴」やビートルズの「ヘイ・ジュード」もあり、全10曲を半年かけてマスターします。
小さい頃から訓練している訳ではなし、鼻歌で歌う程度の記憶ですから、声を出すのも大変。
でも、本当に楽しいです。
素人相手だからと云っていい加減にメロディーだけを教える先生じゃありませんから、尚更歌った後の満足感があります。
それに30名程の会員ですが、お互いお名前だけを名乗って後は一切プライバシーに立入らないと云う不文律があり、何より有り難い事です。
人の愚痴等聞いても、また言っても仕方のない話、前向きな楽しい話題が沢山あるのですから、そちらに目を向けて視野を広くと云う暗黙の空気は講師の功でもありましょう。
以前は人生50年と云いましたけれど、今は人世100年かもしれませんね。
何年生きるにせよ、美しく、生き生きと全うしたいととみに最近思います。

成晃の力

 人が頭の中で考えている事を読むとか、その血統を探る等と云う才能は中々身に付くものではない。
それがハッキリ解り、きちんと説明出来るって、どうしてこんな人間に生まれたのだろうと、自分が生んだ息子ながら、最近富に不思議に思う。
あの会社は壁に当たってもがいているとか、後三ヶ月頑張れば一つ大きな商談が入って抜け出せるとか、それがその通りに表れると何度も何度もそう云う話があるのに、また驚いてしまう。
誰方がこんな力を与えて下さっているのだろう?
これもこの世に出て来たお役目なのだろうとしか考えられない。

育てる

 真剣に心配をして自分の言葉を申し上げても、中々他人は真面目に聞きませんから、つい、なら黙っていようと思ってしまいます。
後々悔やむのは自分達でしょうから。
その時に私が言った一言でも思い出してくれたらと思います。
心の豊かな広い視野で見る人、そんな人が結局良い妻、賢い妻になる様に思いますね。

 子を見れば親が解るとよく申しますが、最近全くその通りと思う事が度々あります。
萎縮している子、反抗する子、乱暴な子、自分の一言や行動がそんな子を作っている場合も多く見ます。

 今日は祭壇の前に座って一時間程瞑想をしました。
自分の切り替えが必要だった様です。

案内猫

 遠い先祖を祀る墓が鎌倉にありますが、そこに猫が一匹おります。
割と小高い丘の上にある先祖の墓は一寸分り難いのですが、そんな時どこからとなく現れて道案内をしてくれます。
そしていつの間にかいなくなります。
「愛い奴」です。
歴史には猫を可愛がったと云う記録を見た事がありませんから、棲みついた猫が代々申し送りをして守ってくれているのかもしれません。
後年参ってくれた人も猫に案内されたと言ってましたから、きっと自分の職業は「島津の墓案内猫」だと伝えられているのかもしれません。
いつ見ても、白に黒のブチ猫なのですが、私が生家で飼っていた猫も同じ模様だった事を思い出しました。
因縁かもしれません。

プロセス

 良妻、賢妻って何だろうと思います。
世の中、結果が良ければ全てを良しと云う風潮があります。
確かにその通りですが、そこに至るまでのプロセスは楽な事ばかりではありません。
私もこの頃考えます。
二十代からずっと一生懸命生きて来た、でも今になって後悔する事が沢山あると云うのは、自分が未熟だったと云えばそれまでですが、思考能力のせいか、努力か、見る目の焦点が合ってなかったのか、最近とみに考えます。
親や夫の墓前にひざまづいても返らない事、それはこれからの人達に伝える事が悔やみの償いになるのかなと思ったり致します。
素直な人に!!

冷蔵庫

 40年前、我が家に大きなグリーンの冷蔵庫が届きました。
古い家でキッチンも広かったので、又来客も常に多かったので、とても嬉しかったのを覚えております。
夫の姉は調理台を買った時も一言ありましたが、今回も勿体ないと申しました。
開けてみせると整然と並んだ野菜や果物やハムや卵、その他の食材が自分を主張していて、「あら、綺麗ね」と思いがけない発言をしました。
夫がニヤニヤしていたのを思い出します。

 歴史ですね。
到頭、冷凍の効力がなくなったり、水漏れが何処からともなく聞こえて来て、ついに新しい冷蔵庫が参りました。
今度は真白です。
40年前の時よりもずっと収納し易く、使い勝手が良さそうで喜んでおります。
私も女の端くれだったんですね。
こんな事で喜びを感じる神経を持っていた事に、自分で一寸驚きました。

 それにしても、我が家の若夫婦は徹底的に見て調べて決めます。
何事に関してもそうですから、私は安心して大抵の事は二人任せですが、私をボケさせない為に必ず質問と報告が来ますから、ボンヤリはしておられません。
でも、幸せな事です。

歴史

 江戸史と云うのは本当に面白いと思います。
徳川時代打からと云って、武士だけでは江戸の繁栄等なかったのですから、庶民のお大きな力で商売あり、芝居あり、長屋あり、火消しありで、興味は尽きません。
現世に引き摺っている事も多いので、室町時代や大和朝廷時代の歴史の様に、ちっとも解らないと云う事は割と少なく、理解出来ます。
何れ、昭和も平成も、まして明治大正も、後々の歴史回顧になって行くのですね。
せめて我が家の歴史はきちんと生きたと残したいものです。

 蒼空って、本当に気持ちの良いものです。
随分長い間、こんな蒼空って見ませんでした。
花も葉も全然異なって見えます。

 今日は美しいお客様がいらっしゃいました。
お育ちが良いって、こう云う方の事を云うのでしょうね。
でも、きっと何も知らぬまま嫁がれて、ただ只管旦那様に仕えて来られたのでしょう。
一つ一つに不安が見えます。
ちょっと鍛えて差し上げたいと思い、この二年間程応援して参り、此の頃は漸く安心してお話が出来る様になりました。
目鼻立ちが整っていると云うのは生まれつきですが、年齢と共にそれが美しく見える様になるのは良いものです。
これは、努めた事の証の様に思いました。

墓地

 友人が墓地を求めるのに色々調べ、その価格の高さに驚いておりました。
確かに永年その土地を借り、代々の御遺骨を納める石塔を立てるのですから、お安い筈はありませんが、そこに寺の採算もあり、一度建てたら殆ど建替えがない石屋さんの計算もありましょう。
何れにしても、五百万円も六百万円もかかると云うのは大変な事です。
狭い日本にどんどん墓が増えるのも何とかならないだろうかと思います。
血統の繋がる人が一緒に入るとか、最近言われ出した散骨とか。

 人間、生きるのも大変なら逝ってからも色々ある者です。
私自身は、成晃にお経をあげて貰い、充分成仏出来ますから、後は小さな墓地にでも納めて貰えれば、それで良しと思っております。
魂は天井に昇りますから。

三才一体

 驚きました。
病気療養中の方が気療にお見えになった日、たまたま月例会で集まって来た方達とすれ違う様にお帰りになりました。
御元気で、ちょっと見た位では解らないのですが、お帰りになった直後、「腰の辺りに黒い物が漂っていましたが、その辺の癌でしょうか?」と護身法や気療を教えている一人が申しました。
私共に通って来られる様になって、もう7~8年になります。
真剣に学び、教えた事を殆ど確実に覚えております。
霊視の方法も教えておりますから、その目と気療の目と、瞬時の注意力でこんなに成長したと感動しました。
才能のある人がどんどん自信を持って育って欲しいと、心から思います。
人様の役に立つ為です。
プロフィール

彌叡

Author:彌叡
神の別魂を持つと言われて幾年。 神ながらの道を歩きつつ、思う事、感じる事を書いて行きます。
御相談はAdept・Mentor 島津相談室のHPの方からお願いします

関連ブログです。
Adept・Mentor 島津成晃の独り言
Adept・Mentor 島津成晃の独り言
霊能者と仲間達
だんな様は霊能力者
だんな様はメンター
島津成晃の見つけた良い物

Amazon
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード
twitter
adeptmentorをフォローしましょう