著者?作品?

 このところ、作品の宣伝に作者の顔写真が大きく掲載されていて、不思議な感じがする。作者の名前は確かに買う方は当然意識するが、何故顔が必要なんだろう。それは「火花」のように意外性のある著者だったり、すばる賞を取った十六歳だったりすればホウ!と思って見るけれど、大抵はなぜ?と思う。小説は顔じゃなくて読む物だから余程の意外性がない限り要らないと思うのはひねくれているのかしら?顔を出すのが大嫌いな私、もっとも不細工のせいもあるけれど、イヤだなあ。けれど、写真は証明書みたいな意味も有りますから自分だけのこだわりにとどめておきます。

彌 叡
banner_20090417093348.jpg
スポンサーサイト

旅への興味

 ヨーロッパを旅するツアーの案内がたくさんきます。大抵の国に連れて行ってくれそうですね。四十代五十代は本当によく旅をしました。どこへ行っても珍しくて楽しくて全然疲れもしませんでしたが、流石にもう良いですね。孝行息子夫婦が色々考えてくれるけど、残念ながら外国の文化や風景に昔ほどの興味が無くなってきて、却って日本という国に今更ですが尽きない程の興味が湧いてきました。不思議というか、矢張り年齢は歴史ですかしらね。共産圏は行かなかったけれど、若さはまず目が外に向くのでしょう。詳しい記憶は残っていないけど確かに私の血肉になっていると感じます。これは色々経験させてくれた夫に感謝です。これからは歴史も含めた日本をじっくり見たいし考えたいと思っています。

彌 叡
banner_20090417093348.jpg

向き合う姿勢

 私達の所に学びに来られる方々は多くは会社勤めの方、自営でも裏で引っ込んでいる人は居ない。つまり社会に向かい合っている人達です。その上でご先祖を祀り自分のレベルアップに励んでいる人たちだから驚くほど成長します。三年前と同じ人?と思えるくらい、思考も感性も深く広くなっています。凄いことですし、嬉しいですね。現実の仕事も聞けば驚くような厳しい頭脳、神経フル回転の仕事-こういう人達が社会で働いているって素晴らしいし、ここの空気を生かしてくれていることを嬉しいと思います。メンターと言う仕事は形あるものを押し付けるものではありませんから非常にむづかしい教育者です。大きな配慮と真っ直ぐな正当性、そして現実に即した理論すべてを分かっていなければ出来ない仕事だと思っています。若い人たちの勢いある表情に私もエネルギーを頂いています。

彌 叡
banner_20090417093348.jpg

男女の考え方

月二回歌を歌いにカルチャーに行きます。大手だからあらゆる項目が有りますが面白い事に男性の多い教室、女性だけの教室があって、?と思いましたが入口の講座名を見て何となく解りました。片や音楽、片や歴史、徒然草には女性が集まり埴輪の解説には男性が多い。男女の思考の差だけなのか?キャリアか?どちらも誰が聞いてもかまわないのにこの分かれ方はおかしい。講座は3ヶ月単位だから又その形を見てみよう。バカみたいな興味だけれど。

彌 叡
banner_20090417093348.jpg

建国記念日

 今日は、高齢者なら誰もが知っている紀元節、日本の歴史が始まった神武天皇からの記念日です。世界大戦以前は「雲にそびゆる高千穂のー」と歌い、学校の式典の後紅白のお饅頭を戴いて帰ったものです。戦争が無かったらあのみやびな行事も続き国の始めを、歴史を祝ったでしょうに…、ともあれ、建国と名前は変わっても私達は日本人!大切な日です。今日も快晴です。

彌 叡
banner_20090417093348.jpg
プロフィール

彌叡

Author:彌叡
神の別魂を持つと言われて幾年。 神ながらの道を歩きつつ、思う事、感じる事を書いて行きます。
御相談はAdept・Mentor 島津相談室のHPの方からお願いします

関連ブログです。
Adept・Mentor 島津成晃の独り言
Adept・Mentor 島津成晃の独り言
霊能者と仲間達
だんな様は霊能力者
だんな様はメンター
島津成晃の見つけた良い物

Amazon
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード
twitter
adeptmentorをフォローしましょう